ゲームを楽しむ

ニンテンドーラボ購入レビュー・小中学生が作ってプログラミングもしてみた

Nintendo Labo購入レビュー・小中学生が作りプログラミングもしてみた

こんにちは、らひ子(@rhkcha)です。

2018年4月20日に発売された任天堂の「ニンテンドーラボ(Nintendo Labo)」シリーズ、発売直後からたくさんの動画やレビューがアップされ、盛り上がりをみせています。

わが家でも「Toy-Con 01:Variety Kit(バラエティキット)」と「Toy-Con 02:Robot Kit(ロボットキット)」の両方を購入したので、小学生・中学生の子どもたちが楽しむ様子を紹介します。

ニンテンドーラボを実際にどのように遊んでいるのか、組み立ては難しくないのか、プログラミングで遊びの幅は広がるのかなど、気になる点を掘り下げていきます。

ニンテンドーラボ購入レビュー

Nintendo Laboを開封する

中学2年生の長男が、ニンテンドーラボの箱を手にしている様子。

箱はかなり大きく、なにより持ってみると、ズッシリとした重さがあります。

ダンボールとはいえ、しっかりとした壊れにくい丈夫な質のいいダンボールなので、重さが出てしまうのは仕方ないのでしょう。

Nintendo Laboを開封する

箱を開けてみると、バラエティキットには28枚・ロボットキットには19枚ものダンボールシートが重なって入っています。

スイッチ本体に、付属のソフトを入れて「つくる」モードを選択することで、すぐに作り始めることができます。

はさみ や のり は一切使わずに工作できるのは嬉しいですね。

POINT作業をスムーズにするポイント

・広く場所をとれる部屋で作業する
 ダンボールシートが大きいため、広くて片付いている部屋がおすすめ

・小さいダンボールを入れるごみ袋を用意する
 組み立て中にダンボールから、小さいダンボール片が出てくるので、まとめておける袋

・今使うダンボールやパーツだけを出すようにする
 全部を箱から出してしまうと、散らかりやすい

※ダンボール以外に、ひもやプラスチック製の留め具など、小さいパーツがあるので、乳幼児やペットがいる場合は誤飲に気をつける

わが家ではダンボールやひも好きな猫の妨害(猫にとっては遊んでアピール)がひどかったので、特に猫にはご注意ください笑

ニンテンドーラボを小学生と中学生が実際に作ってみた

Nintendo Laboを作ってみる

わが家では、リビングで子どもたちが作成にとりかかりました。

向かって左が「バラエティキット」の次男(小6)、右が「ロボットキット」の長男(中2)のテレビ画像です。

ニンテンドーラボの「つくる」モードでは、パーツの組み立て方を、手順を一切飛ばすことなく、ひとつずつ非常に丁寧に説明してくれます。

説明の早送り・巻き戻しが自由なので、小学校高学年以上なら、親の手助けは不要でしょう。

小学校低学年までは、ダンボールを折るのに多少力が必要だったり、ダンボールパーツが細かかったりするので、困っていたら助けてあげてくださいね。

Nintendo Laboの釣り竿を作る

バラエティキットの釣り竿を、次男が作っている様子。

画面の説明は、はめ込むべきパーツが点滅するなど、非常に分かりやすいです。

テーブルの上が、画面の指示通りに切り出したダンボールパーツで、いっぱいになっています。

Nintendo Laboのロボットを作る

ロボットキットを、長男が作っている様子。

リビングの床で制作していますが、こちらもかなり場所をとるので、最初から広い場所を用意してあげましょう。

Nintendo Laboの釣り竿が完成

釣り竿は、次男が一人で作り上げました。

ビックリするくらい繊細に、画面の中のひもを釣り竿で操作することができます。

子ども達が魚集めにハマりすぎて、次のバラエティキットの制作に取りかかるのが、かなり遅れました笑

Nintendo Laboのロボットで遊ぶ

写真左が身長157センチの長男・写真右が身長137センチの次男が、完成したロボットキットで遊んでいる様子です。

次男が使うと、背中のリュックがかなり大きいので、これ以上身長が低いと、ロボットで遊ぶのは難しいかもしれません。

頭にはめるバイザーの大きさ・腕と足につながるひもの長さ・リュックの肩ベルトは、すべて長さを調整できるので、小学校中学年くらい~大人まで楽しむことができます。

CHECKダンボールに色を塗るならアクリル絵の具がおすすめ

ダンボールに色を塗るなら、ペンよりも絵の具の方がキレイに塗れます。

特に広い面をベタ塗りするなら、にじまずに重ね塗りができるアクリル絵の具を使うと、マットな仕上がりに満足できますよ。

わが家では、中学1年生の美術の授業で使うため、長男が持っていたものを借りました。


ニンテンドーラボでプログラミング!中学生が組んでみた

現在、中学2年生の長男が、ニンテンドーラボで、プログラミングに挑戦してみました。

ニンテンドーラボでは、「Toy-Conガレージ」という名称で、自分でプログラムを組める機能が用意されています。

プログラミングというと一見難しそうですが、ニンテンドーラボでは、いわゆる「ビジュアルプログラミング」を採用しています。

あらかじめ用意されているノード(ブロックみたいな箱)を線でつなぐだけで、Toy-Conをコントロールできるよう、直感的にプログラムが組めるようになっています。

最初はとっつきづらいですが、プログラミングに限らずモノづくりが好きな子・モノが動く仕組みに興味がある子・ゲームに興味がる子なら、一度チャレンジしてもらいたいです。

ちなみに、プログラミングに興味がないなら、ニンテンドーラボに、あらかじめ用意されている遊びだけでも十分楽しめます。

バラエティキットもロボットセットも、どちらもやりこみ要素があるので、「プログラミングしないと楽しめないかも?」という心配は無用です!

私がTwitterに投稿したツイートを一部、ここで紹介します。

長男(中学2年生)のプログラミング歴

・Scratch(スクラッチ)……小学4~5年生・自宅にて書籍を参考に

・HTML+CSS(Webアプリ開発)……小学6年生の1年間プログラミング教室にて
 ブラウザ上で動く簡単なゲームを作製していました

「赤いシャア」という表現はどうやら正しくないようで、「シャア専用リモコンカー」というべきだったのかな?

夫がよくガンダムについて語ってくれますが、ガンダムは奥が深すぎて理解しきれません!

※「釣りコントローラー」とツイートしていますが、実際は写真の通りバイクのハンドルです

※これも「釣り竿」ではなく、「バイクのハンドル」です

まとめ

ニンテンドーラボが最初に発表された動画を見た時は、もう本当に「すごい」の一言と、感動の涙が出るくらい衝撃を受けました。

私が小学生の頃に出会ったファミリーコンピューター。

親にねだってファミコンを最初に買ってもらったとき、一緒に買ってもらった「マリオブラザーズ」と「バルーンファイト」。

私にとっては今でも忘れられない、大切なゲームです。

それから35年くらい経った今、私はゲーム関連の仕事をするでもなく、たんなるゲーム好きな主婦をしていますが、自分の子ども達がまた任天堂のゲームを楽しんでくれているのが、本当に嬉しいです。

任天堂を好きでよかったな~と、ニンテンドーラボをとても楽しそうに制作して遊ぶ子ども達を見ていて、幸せな気分になりました。

これからも、任天堂と共にゲームライフを楽しんでいきます。

任天堂さん、いつもありがとうございます。

そして、これからも私達ユーザーを驚かせ続けてくださいね。

表紙がダンボールチックでとっても可愛い♪

思わず本屋で、表紙買いをしてしまったゲーム雑誌ですが、内容も充実していて面白いですよ。

ABOUT ME
らひ子
らひ子
40代子育て主婦/多趣味で自分がしてきたさまざまな体験をまとめたり、生活に役立つ情報をピックアップしてブログ記事にしています

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です