健康になる

主婦が運動不足を解消するには。体を動かすのが苦にならない方法を知る

こんにちは、らひ子(@rhkcha)です。

主婦だからこその運動不足を感じていませんか。

私は、在宅仕事+自宅大好き+通販大好き+ネットスーパー大好き主婦なので、予定が入ってないと、何日でも家の中に引きこもっていられるタイプです。

そこで気になるのが運動不足。

体を動かさないと、ちょっと歩いただけで息切れするようになるので、さらに運動するのが億劫になるという悪循環にもなりやすく問題です。

主婦が運動不足を解消するためには、体を動かすことが苦にならないよう工夫するのが大切です。

面倒だなと感じたり、苦手意識があると、運動はなかなか続きませんよね。

私も実践している方法をまじえて、分かりやすく説明していきます。

主婦が運動を続けるコツまとめ

道具から入るのも大切

・気に入ったスニーカーを買う

・気に入ったウェアを買う

・気に入ったリュック(バックパック)を買う

・室内用のステッパーを買う

・気に入った水分補給用の水筒を買う

……など

思い切って、形から入るのはとてもおすすめです。

お金をかけて準備すれば、活用しないともったいないと感じるので、運動しよう!という気分が盛り上がります笑

「とりあえず家にあるものでいいや」という気持ちで始めると、テンションが上がりません。

ゼロをイチにするのは、なかなか難しいものです。

「運動したいな」という気持ちが高まったら、その勢いでお気に入りグッズを揃えてしまいましょう。

スマホやスマートウォッチで記録管理

・Apple Watch などのスマートウォッチを身につける

・スマホで運動記録をつけられるアプリを活用する

・スマホアプリで仲間を探して続けられる環境を作る

・アナログ派なら、ノートで運動記録をつける

iPhone なら「ヘルスケア」、Android なら「Google Fit」など、健康管理ができるアプリを活用します。

歩数計ははじめからついているので、1日の歩数は、アプリを起動するだけで知ることができます。

身長や体重などの細かいデータを入力することで、歩数や運動量に応じた消費カロリー計算もしてくれますよ。

アプリによっては、歩数以外にも、距離・歩いたり走る速度・ルートを記録してくれるものも。

 

一人だとどうしてもさぼりがち……というなら、「みんチャレ」をおすすめします。

みんチャレの感想まとめ。具体的な使い方を知って活用する!
みんチャレの感想まとめ。具体的な使い方を知って活用する!みんチャレを実際に活用している私の感想をまとめました。まだ使ったことがなくてチームへの参加を迷っていたり、すでに使っているけど退出の仕方が分からないなど、困ったことはありませんか?みんチャレの感想や具体的な使い方などの情報を参考にしてください。...

まったく知らない他人の目でも、あるのとないのでは大違いです。

みんチャレを活用することで、三日坊主が防げるので、ぜひ試してみてくださいね。

 

一人でコツコツ頑張りたい、スマホを見る時間が増えるのはイヤなら、ノートに運動記録をつけましょう。

大学ノートはもちろん、普段使っているスケジュール帳に記入すると、いつ・どのくらいの運動をしたのかがパッと見て分かるので、達成感があります。

 

私は運動不足解消のため、Apple Watch を思い切って購入し、ずっと活用しています。

Apple Watch は健康管理のために存在しているので、本気で運動不足を解消したいなら、主婦でもアップルウォッチがおすすめです。

心拍数も記録でき、睡眠時につければ、眠りの深さや時間なども記録してくれる優れものです。

続けられるようにメニューは多彩に

・一つの運動にこだわらず、いくつもの運動を揃えておく

人の気分や体調は、毎日一定ではありません。

朝から元気ハツラツな日もあれば、どうも調子が出ない……なんていう日も、もちろんあります。

また、出かける予定がある日とない日でも、運動量に差が出てきます。

どんなときでも臨機応変に対応できるよう、何パターンか運動を揃えておくと、長続きしやすいです。

運動を続けるためのメニュー例

【1日 家にいる日】
・ウォーキング 30分 または 室内ステッパー 30分

 

【半日 出かける日】
・ニンテンドースイッチの「Fit Boxing」プレイ 15分

 

【1日中 出かける日】
・自宅で寝る前にストレッチ 10分

 

【なにもやる気のない日】
・テレビを見ながらストレッチ 5分

 

【なんとなく体がだるい日】
・ラジオ体操(YouTube) 3分

 

【体調がよくない日】
・運動はお休みしてのんびり

……など

運動に慣れていない主婦が、「ウォーキングだけ」「ジョギングだけ」と運動メニューを一つだけに決めてしまうと、天気が悪くて外に出られないなどのきっかけで、続けるのが億劫になりがちです。

上記はあくまで一例で、ほかにも、こんな工夫があります。

・マンションなら、エレベーターを使わず階段を使う

・子供が小さいなら、ベビーカーを押しながら買い物に出かける

・エクササイズDVDを購入する

・フィットネスジムに通う(高い月謝を払うため強制力がある)

 

とにかく、ありとあらゆる運動を取り揃えて、選択肢を増やしておくのがポイントです。

しっかりボリュームのある運動ができる日はすればいいし、調子が悪ければ軽いストレッチを数回でいいんです。

私はストレッチの本を買って、気分・体調・できる時間に合うようなストレッチを、隙間時間に行っています。

自分にごほうびを

・続いた回数に応じて、自分にごほうびをあげる

・運動したことに対し、自分で自分をほめる

運動が3日続いたらコンビニスイーツ、1週間続いたらごほうびランチなど、自分へのごほうびをどんどんしていきます。

自分で自分をほめるのは、どんな些細なことでもほめます。

「今日は疲れていたのに、ストレッチやってエライよね、私」といった感じで、とにかくほめます。

人って意外と自分で自分にダメ出ししまくっているので、ちょっとした短時間の運動だとしても、思いきりほめていきましょう。

主婦が運動を長続きさせるには

「運動しなければいけない」という義務感から始める運動は、長続きしません。

ではどうすればいいのかといえば、今回ご紹介したような、「運動を続けるための仕組み」を知ることが大切なんです。

仕組みを知ってしまえば、運動を続けるのが、だいぶ楽になることが分かってもらるはず。

 

子供のころから「三日坊主はよくないこと」として大人になった私たちは、

・自分が決めたことが続けられない=ダメ人間

という図式がどうしても頭に浮かんでしまいがち。

 

でも、今日からは考え方を変えましょう!

・1日でも運動することができた自分はエライ

・0(ゼロ)ではなく、1 だけでも体を動かしたのはエライ

・3日も運動が続いたらエライ

とにかく、腹筋1回でもできたら自分をほめていきましょう。

テレビで「さあテレビの前の皆さんも、一緒にこの体操をやってみてください」と言われたら、一緒にやりましょう。

ダイエットではなく、体力作りのために運動をするなら、食事やおやつに好きなものを食べることで、モチベーションを上げるのもおすすめ。

 

たとえ三日坊主でも、一日坊主でも、何度でもチャレンジすればいいだけです。

一度やめてしまったからといって、二度とできないわけではありません。

今回は1日で終わってしまっても、次に始めたら2日は続くかもしれないですよね。

未来のことは分からないので、仕組みを利用しながら、「今日は頑張ろう!」という気持ちで運動を楽しんで続けましょう。

体を動かすだけで、ストレス発散も実感できますよ。

ABOUT ME
らひ子
らひ子
40代子育て主婦/幅広い趣味を生かし、実体験を元にした生活に役立つ情報をまとめています

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です