季節は冬

二十四節気の意味とは。読み方や暦が表す日本の季節を知る

二十四節気の意味とは。読み方や暦が表す日本の季節を知る

こんにちは、らひ子(@rhkcha)です。

二十四節気の意味や読み方を知っていますか。

「にじゅうしせっき」と読み、約2週間ごと・月2回のペースでめぐり、代表的なものに春分・秋分・夏至・冬至があります。

普段はあまりなじみのないものですが、日本の季節を表してくれる、美しい名称です。

二十四節気の意味や読み方を知り、美しい日本の季節や行事と合わせて、覚えておきましょう。

二十四節気(にじゅうしせっき)とは

地球から見た太陽の位置で決められる春夏秋冬4つを、さらに6つに分け、24の節気に分けた季節の指標のこと

季節を把握するための目安として使われます。

二十四節気の太陽黄経を表した図
二十四節気の太陽黄経を表した図

※太陽黄経(たいようこうけい):黄道の春分点を座標ゼロとし、360度に等分した座標

太陽を中心にして、地球は太陽の周りを回っています。

各二十四節気のときに、太陽から見た地球の位置を表している図になります。

 

1月の二十四節気・小寒と大寒

1月の二十四節気の太陽黄経
小寒の太陽黄経:285度
大寒の太陽黄経:300度

小寒(しょうかん)とは

・二十四節気の23番目

・期間としての小寒:小寒当日~大寒前日まで

・寒(かん)の入り

・寒中見舞いを出し始めてもよい日

 

寒の入りと言われ、冬の寒気がより強くなってくる頃となります。

この日から大寒を経て、立春の前日(節分)までが「寒(かん)」の期間とされています。

寒中見舞いはいつまで出せる?時期が過ぎたらどうする?例文も
寒中見舞いはいつまで出せる?時期が過ぎたらどうする?例文あり寒中見舞いは、いつまで出せるのでしょうか。寒中見舞いを送る具体的な時期を知り、過ぎたらどうすればいいのか、また寒中見舞いを書く場合の例文や作成例をまとめました。...

 

大寒(だいかん)とは

・二十四節気の24番目

・期間としての大寒:大寒当日~立春前日まで

・極寒(ごっかん/ごくかん)の季節

・沢(さわ)凍りつく

 

冷気が極まって、1年の中で最も寒さが厳しい時期となります。

沢(さわ)とは、浅く水がたまり草が生えた湿地を指し、その水が凍ってしまうほどに寒い時期であることを表しています。

小寒から立春前日までの「寒(かん)の期間」の中日が大寒です。

この時期にあえて、武道や水泳などの稽古を行うことを「寒稽古」といいます。

 

2月の二十四節気・立春と雨水

2月の二十四節気の太陽黄経
立春の太陽黄経:315度
雨水の太陽黄経:330度

立春(りっしゅん)とは

・二十四節気の1番目

・期間としての立春:立春当日~雨水前日まで

・「春立つ」時節であり、春の初めを表す

・旧暦の正月

 

寒さも峠を越えたとし、これから春に向かう最初の日となります。

日脚伸び(ひあしのび/昼間の時間が長くなること)、春の気配が少しずつ感じられる季節です。

節分の由来と意味。豆まきなどの風習や玄関の柊鰯ってなに?
節分の由来と意味。豆まきなどの風習や玄関の柊鰯ってなに?節分の由来や意味を知っていますか。昔からの風習として、豆まきが行われたり、恵方巻を食べたり、柊鰯(ひいらぎいわし)を玄関に飾るのは、どうしてなのでしょうか。節分の由来や意味、昔から伝わる節分にまつわる風習、柊鰯についてまとめてみました。...

 

雨水(うすい)とは

・二十四節気の2番目

・期間としての雨水:雨水当日~啓蟄前日まで

・雨水がぬるむ時期

 

寒さが少しずつ和らいでくるのを、感じられる頃です。

「雨水」とは、降っていた雪が雨に変わり、川や池に張っていた氷も解けて、水になる季節を表しています。

春に向けて、草木の芽が萌え出てくる頃でもあります。

 

3月の二十四節気・啓蟄と春分

3月の二十四節気の太陽黄経
啓蟄の太陽黄経:345度
春分の太陽黄経:0度

啓蟄(けいちつ)とは

・二十四節気の3番目

・期間としての啓蟄:啓蟄当日~春分前日まで

・虫が地中から出てくる頃

・春雷が轟く(とどろく)

 

啓蟄の「啓(けい)」は開く、「蟄(ちつ)」は虫が土の中で冬ごもりするという意味です。

本格的な春に向け空気や地面が温められることで、地中で冬ごもりをしていた虫や蛇・かえる・とかげなどが、温もった土から這い出してくる時節を表します。

ちなみに「蟄」には、人が家の中に閉じこもるという意味もあるので、暖かい春になって、人も外に出てくるようになるという解釈もできますね。

 

春分(しゅんぶん)とは

・二十四節気の4番目

・期間としての春分:春分当日~清明前日まで

・昼夜がほぼ等しくなる

 

昼と夜がほぼ同じ長さになり(厳密には違います/「あわせて読みたい」参照)、本格的な春到来の季節となります。

陽射しは日ごとに強くなり、全国から桜開花の知らせが聞えてきます。

春分の日とは?春のお彼岸との関係やぼたもちを食べる理由
春分の日とは?春のお彼岸との関係やぼたもちを食べる理由春分の日とはどんな意味を持つのでしょうか。春分の日は毎年3月20~21日ごろにあり、お彼岸の期間とも深く関わっています。また、春のお彼岸にぼたもちを食べる理由や由来をまとめました。...

 

4月の二十四節気・清明と穀雨

4月の二十四節気の太陽黄経
清明の太陽黄経:15度
穀雨の太陽黄経:30度

清明(せいめい)とは

・二十四節気の5番目

・期間としての清明:清明当日~穀雨前日まで

・天地万物が清らかな明るさに輝く

 

花が咲き始め、万物晴朗な頃(空が晴れ渡ってのどかなさま)とされています。

ポカポカと暖かい春本番となり、ありとあらゆる花が咲き、緑が輝く素晴らしい時節のことを表しているのですね。

新生活を始める人も、花や緑と同じように、清らかで輝いている頃になるでしょう。

この時期、中国や沖縄では、先祖の供養をする行事を行います。

 

穀雨(こくう)とは

・二十四節気の6番目

・期間としての穀雨:穀雨当日~立夏前日まで

・穀物に実りをもたらす雨が降り注ぐ

 

春雨がけむり、種まきの好期とされる時節。

いつでも雨が多いというわけではありませんが、この時期に長引く雨は「菜種梅雨(なたねづゆ)」とも呼ばれることがあります。

菜種梅雨とは、菜の花が咲く時期に降る長雨のことを指し、ちょうど田畑の準備が整うころに降るので、この雨が穀物の成長を助けてくれます。

また、穀雨の終わり・立夏の直前に「八十八夜」があります。

 

5月の二十四節気・立夏と小満

5月の二十四節気の太陽黄経
立夏の太陽黄経:45度
小満の太陽黄経:60度

立夏(りっか)とは

・二十四節気の7番目

・期間としての立夏:立夏当日~小満前日まで

・新緑目立ち夏の気配

 

春分と夏至の中間の時節になります。

このあと梅雨の時期を経て、本格的な夏がやってきます。

毎年5月2日頃にある八十八夜を過ぎると、新茶が出回るようになりますね。

 

小満(しょうまん)とは

・二十四節気の8番目

・期間としての小満:小満当日~芒種前日まで

・陽気に満ち草木茂る

 

あらゆる生命が天地に満ちはじめる、という意味の節気です。

日ごとに上昇する気温に、麦は大きく穂を実らせ、草木の緑は色濃くなっていきます。

 

6月の二十四節気・芒種と夏至

6月の二十四節気の太陽黄経
芒種の太陽黄経:75度
夏至の太陽黄経:90度

芒種(ぼうしゅ)とは

・二十四節気の9番目

・期間としての芒種:芒種当日~夏至前日まで

・降雨間断なく、穀物の種をまく

 

芒種の「芒(のぎ)」とは、イネ科の植物の穂先を指します。

芒(のぎ)のある植物の種をまいたり、麦を刈り入れたり、稲の植え付けに適した時期とされていました(現在はこれよりも早い時期に種まきが行われています)

梅雨入りの知らせも、この頃から聞かれます。

 

夏至(げし)とは

・二十四節気の10番目

・期間としての夏至:夏至当日~小暑前日まで

・1年でもっとも昼が長く、夜が短い

 

1年の中で一番昼(日の出から日の入りまで)が長く、夜が短い時期になります。

梅雨の盛りでもあり、まだ時折肌寒い日があるため、気温の上ではまだ真夏という感じはありません。

しかしここから、日照時間が少しずつ短くなっていきます。

 

7月の二十四節気・小暑と大暑

7月の二十四節気の太陽黄経
小暑の太陽黄経:105度
大暑の太陽黄経:120度

小暑(しょうしょ)とは

・二十四節気の11番目

・期間としての小暑:小暑当日~大暑前日まで

・暑気に入り、梅雨明けのとき

 

6月の二十四節気である夏至が過ぎて、日が短くなり始めますが、暑さはこれからが本番です。

この頃に梅雨明けがあり、本格的な夏がやってきます。

小暑と次の大暑の間を「暑気」と呼び、暑中見舞いを出すのもこの期間です。

 

大暑(たいしょ)とは

・二十四節気の12番目

・期間としての大暑:大暑当日~立秋前日まで

・ますます暑く、蝉が鳴く頃

 

気温が上がり続け、暑さが一番厳しく感じられる頃です。

夏バテを防止するために、うなぎを食べる「土用の丑の日」は、この時期にあります。

 

8月の二十四節気・立秋と処暑

8月の二十四節気の太陽黄経
立秋の太陽黄経:135度
処暑の太陽黄経:150度

立秋(りっしゅう)とは

・二十四節気の13番目

・期間としての立秋:立秋当日~処暑前日まで

・残暑厳しいが、秋の気配が感じられる

 

毎日の暑さからは想像もつきませんが、暦の上では秋の始まりとなります。

立秋から立冬(11月7日前後)前日までを「秋」とします。

この日から季節のあいさつも「暑中見舞い」から「残暑見舞い」へと切り替わります。

二十四節気は中国の気候を元に設定されているため、中国での立秋は残暑の頃として秋の気配も感じられるようですが、日本の8月上旬はまだまだ夏真っ盛りといった時節です。

 

処暑(しょしょ)とは

・二十四節気の14番目

・期間としての処暑:処暑当日~白露前日まで

・暑さが落ち着いて、収穫の頃

 

処暑には「暑さがやむ」という意味があります。

暑さのピークは過ぎつつある時期になりますが、今度は台風がやってくる時節となります。

 

9月の二十四節気・白露と秋分

9月の二十四節気の太陽黄経
白露の太陽黄経:165度
秋分の太陽黄経:180度

白露(はくろ)とは

・二十四節気の15番目

・期間としての白露:白露当日~秋分前日まで

・秋気強まり、つばめ去る

 

昼間の残暑はまだまだ厳しいですが、夏から秋への交代期になります。

草木に降りた露が白濁したように見えることを、秋の目印にしたことから「白露」と言われています。

ただし、二十四節気は中国の気候を元に設定されているため、日本の9月上旬はまだ蒸し暑く、草木に露が下りることはありませんね。

 

秋分(しゅうぶん)とは

・二十四節気の16番目

・期間としての秋分:秋分当日~寒露前日まで

・昼夜がほぼ等しくなる

 

太陽が、真東から昇り真西に入るので、昼と夜がほぼ同じ長さになります(厳密には違います/「あわせて読みたい」参照)

本格的な秋がやってくる時節です。

秋分の日とは?お彼岸との関係やおはぎを食べる理由
秋分の日とは?秋のお彼岸との関係やおはぎを食べる理由秋分の日とはどんな意味を持つのでしょうか。秋分の日は毎年9月22~23日ごろにあり、お彼岸の期間とも深く関わっています。また、お彼岸におはぎを食べる理由もまとめました。...

 

10月の二十四節気・寒露と霜降

10月の二十四節気の太陽黄経
寒露の太陽黄経:195度
霜降の太陽黄経:210度

寒露(かんろ)とは

・二十四節気の17番目

・期間としての寒露:寒露当日~霜降前日まで

・秋深まり、収穫の好期

 

朝晩の冷え込みが、はっきりと感じられる時節です。

草や葉に冷たい露(つゆ)が宿り、秋が深まっていることを実感する頃。

農作物の収穫が最も盛んになる、農家の繁忙期となります。

 

霜降(そうこう)とは

・二十四節気の18番目

・期間としての霜降:霜降当日~立冬前日まで

・霜降り始め、秋の終わり

 

北国から順々に、露(つゆ)が寒さによって霜(しも)に変わり始める時期です。

動物たちもこの頃から冬支度をし始めます。

霜降から立冬までの間に吹く、強く冷たい風は「木枯らし」と呼ばれます。

 

11月の二十四節気・立冬と小雪

11月の二十四節気の太陽黄経
立冬の太陽黄経:225度
小雪の太陽黄経:240度

立冬(りっとう)とは

・二十四節気の19番目

・期間としての立冬:立冬当日~小雪前日まで

・日脚が短くなり、時雨の季節

 

暦の上での冬の始まりで、秋分と冬至の中間でもあります。

冬の季節風が吹き始めて寒さが増し、冬の気配を肌で感じられる頃です。

 

小雪(しょうせつ)とは

・二十四節気の20番目

・期間としての小雪:小雪当日~大雪前日まで

・北風吹き、初雪舞い始める

 

北風の冷たさが、日々はっきりと感じられるようになります。

北国では雨が雪に変わり、初雪がちらつくことがありますが、本格的な寒さはまだこれからです。

 

12月の二十四節気・大雪と冬至

12月の二十四節気の太陽黄経
大雪の太陽黄経:255度
冬至の太陽黄経:270度

大雪(たいせつ)とは

・二十四節気の21番目

・期間としての大雪:大雪当日~冬至前日まで

・山の峰が白くなり、北風が吹く

 

山々は雪に覆われ、本格的な冬の到来が、目に見えて分かる時期です。

年末年始の準備を始めるのもこの頃になります。

 

冬至(とうじ)とは

・二十四節気の22番目

・期間としての冬至:冬至当日~小寒前日まで

・一年でもっとも昼が短く、夜が長い

 

一年で一番昼が短くて、夜が長いときです。

冬至では健康を願って、かぼちゃを食べたりゆず湯に入ったりします。

この日を境に、少しずつ日脚が伸びていきます。

冬至の意味を知る。かぼちゃを食べることとゆず湯に入る理由は
冬至の意味を知る。かぼちゃを食べることとゆず湯に入る理由は冬至(とうじ)は、毎年12月22日前後にありますが、どういった意味があるか知っていますか。ゆず湯に入ったり、かぼちゃを食べる行事としても有名ですが、その理由などをまとめてみました。...

ABOUT ME
らひ子
らひ子
40代子育て主婦/幅広い趣味を生かし、実体験を元にした生活に役立つ情報をまとめています

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です