神社と御朱印

海南神社で御朱印をいただく。マグロみくじも引いてみた【神奈川県三浦市】

海南神社(神奈川県三浦市)

こんにちは、らひ子(@rhkcha)です。

神奈川県三浦市にある「海南神社」へ参拝してきました。

海南神社への詳しい行き方や、参拝するときにチェックしておきたいポイント、神社の設備などをまとめました。

海南神社(かいなんじんじゃ)

拝殿は、美しい朱色をしています。

たくさんの鈴緒があり、参拝の際にはどれを鳴らせばいいのか、ちょっと迷いますね笑

 

海南神社の狛犬

最初の鳥居のすぐ横にいらっしゃる狛犬。

海南神社の狛犬

神社の敷地内にいらっしゃる狛犬、どちらも立派です。

 

海南神社の御神木

源頼朝公の手植えと伝えられる公孫樹(樹齢約800年)が御神木とされています。

平日の参拝だと、参拝客が少ないこともあり、ゆったりとした空気が流れる神社です。

海南神社の手水舎

こじんまりとしていますが、手水舎はとてもキレイに管理されています。

 

注意点として、夏に参拝する場合は、かならず虫よけ対策をしていってください。

木が多いためか、とにかく大量に蚊がいます。

私はあまり蚊に刺されないタイプですが、それでも境内の場所によっては大量に寄ってきて、追い払うのがかなり大変でした。

 

海南神社の鮪みくじ 海南神社の鮪みくじ

海南神社の名物となっている、マグロみくじ。

マグロをおもちゃの釣り竿で釣り上げるタイプのおみくじで、私もチャレンジしましたが、意外と釣るのが難しい!

でもどれを獲るのか決めたり、獲ろうと思ったものが獲れなかったりするのが、まさしくおみくじって感じがして面白かったです。

 

休憩所を利用するのがおすすめ

海南神社の休憩所は、社務所(御朱印がもらえたりお守りなどがいただける)の隣にあります。

 

・マグロみくじ(300円)がある

・ご神水で入れた麦茶が無料で飲める

・おむつ替え台と、授乳できる個室あり

・トイレあり

・夏場は虫よけスプレーも置いてある

・エアコン完備

・5~6人分くらいの座席あり

 

座ってゆっくり休めるので、お子さん連れのときなどは重宝します。

海南神社の授乳室(おむつ替え) 海南神社の授乳室とおむつ替え台 海南神社の休憩所の麦茶

夏場は、御神水でいれた冷たい麦茶を飲むことができます。

 

海南神社の敷地内にある境内社など

海南神社の敷地内にある相州海南高家神社

相州海南高家神社(境内社)は、拝殿のすぐ左側にあります。

 

海南神社の敷地内にある社の白馬

拝殿の前には小さな祠があり、中には木造の白馬がいます。

昔、神社の神馬が逃げ出し、町内で死んでしまったのち、疫病が蔓延しました。

そこで白馬を奉納したところ、疫病が鎮まったそうです。

それからは、この白馬に祈ることで、脚気が治ると伝わっています。

 

海南神社の敷地内にある金毘羅宮

金毘羅宮は拝殿の右側にあり、鳥居をくぐって階段を上った先に社があります。

かなり木がうっそうとしていて、虫も多くいるので、夏場は虫刺されに注意してください。

 

海南神社の敷地内にある福徳稲荷神社

福徳稲荷神社には、たくさんの狐さんがいらっしゃいました。

朱色の鳥居がステキです。

 

海南神社の御朱印

海南神社の御朱印

初穂料:300円

海南神社のメインとなる御朱印。

海南神社には、7種類の御朱印があり(境内社や・三浦七福神のものなど)、それぞれに初穂料(各300円)がかかります。

ただし、2019年の夏詣イベント中は、通常の御朱印はすべて書き置きとなります(年によって違う可能性もあるので要問い合わせ)

 

海南神社の夏詣の御朱印

こちらは、2019年の「夏詣(なつもうで)」限定の御朱印(初穂料:300円)になります。

青字がとてもさわやかで、こういった気づかいは嬉しいですね!

京急線で夏詣。専用の御朱印帳を持って神社めぐりをしよう!
京急線で夏詣。専用の御朱印帳を持って神社めぐりをしよう!京急電鉄が夏詣(なつもうで)のキャンペーンを行います。京急マスコットのけいきゅんが描かれたかわいい御朱印帳を購入し、京急沿線にある12の神社を期間内にめぐりながら御朱印を受けます。御朱印帳の購入方法や、御朱印を受ける神社情報をまとめました。...

 

海南神社への行き方

京急線の三崎口駅(みさきぐち)

最寄り駅は、京急線の終点である「三崎口(みさきぐち)駅」。

メインの駅看板は「三崎マグロ駅」になっていますが、「三崎口駅」が正しいんですよ笑

京急の品川駅からは、快特などに乗り(電車によっては、途中駅で乗り換えが必要)、最短で1時間5~10分ほどで到着します。

 

三崎口駅からバスで三崎港(みさきこう)へ向かう

三崎口駅の改札を出るとすぐに、バスのロータリーがあります。

2番乗り場からバスに乗り、15分ほど揺られたところで、バス停「三崎港(みさきこう)」下車となります。

 

海南神社への案内碑

三崎港のバスロータリーからは、徒歩3分くらいで海南神社に到着。

 

海南神社への道順

バス停「三崎港」で降りて左を向くと、写真の建物「さくらや」があるので、そちらへ向かいます。

左手側に折れて、まっすぐ50メートルくらい先に見える鳥居が、海南神社です。

ちなみに「さくらや」とは逆の方向に行くと、三崎港で買い物ができる「三崎マグロ 三浦市の産直品売り場 うらり」という商業施設がありますよ。

マグロをはじめとした海産物のお土産を買ったり、観光船に乗ることもできるので、おすすめです。

 

海南神社からの帰り方

帰りは、行きにバスを降りたバスロータリーまで戻ると、京急線「三崎口駅」行きのバス停(2番乗り場)があるので、ここで待ちましょう。

帰りの時間が気になる方は、海南神社へ参拝する前に、この時刻表で帰りのバス便の確認をしておくのがおすすめです。

海南神社への参拝記録

2019年7月

海南神社の茅の輪くぐり

平日だったこともあり、出会った参拝客は女性2人のみ。

京急イベントの夏詣の御朱印をいただきに詣でました。

7月上旬だったため、6月の夏越大祓(なごしおおはらえ)で設置された茅の輪があり、茅の輪くぐりをしたあとに参拝することができて、とても嬉しかったです。

海南神社の茅の輪くぐり説明

↑ 茅の輪くぐりの作法を覚えておく

 

海南神社の七夕飾り

七夕の時期だったので、参道には七夕飾りが。

休憩室には短冊が置いてあり、自由に書いて飾れるようになっていました。

 

初めてのマグロみくじは「末吉」

一人だったので、休憩室でゆっくりとマグロを釣ることができて、とても楽しかった!(子どもか笑)

 

2匹いる猫がのんびりと、神社の敷地内を自由に闊歩していたのが可愛かったです♪

海南神社の猫

(写真右と真ん中は、多分同じ猫さん)

 

次に参拝するときは、7種類ある御朱印をすべていただきたいと思います。

ABOUT ME
らひ子
らひ子
40代子育て主婦/幅広い趣味を生かし、実体験を元にした生活に役立つ情報をまとめています

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です