イベント

スーパームーンの時間はいつ?写真の撮り方まとめ【2020年】

スーパームーンの時間はいつ?写真の撮り方まとめ

1年に1回ほど見ることができるスーパームーンですが、今年はいつになるのでしょうか。

スーパームーンを楽しめる日にちや時間、スマホや一眼レフを使った月の撮影方法をまとめました。

 

スーパームーンの時間について

2020年4月8日(水)

月が地球に一番近づく時間 → 3:09

満月になる時間 → 11:35

正確にいうと、月が地球に一番近づく時間は、まだ満月にはなっていません。

しかし、今回のスーパームーンは、満月の時間が昼間なので、月を見るのは難しいです。

鑑賞におすすめなのは、7日(火)夜~8日(水)明け方にかけての夜空。

ほぼ満月となった、スーパームーンの輝きを見ることができるでしょう。

 

スーパームーンの大きさをより楽しむには、広い夜空の中に浮かぶ月より、

 ・比較対象物(ビルやタワーなどの建物や山)がある低い位置
 ・地平線近くの位置

こうした低い位置にあるときの月が、より大きく見えます。

夜空の高い位置に昇ってしまうと、比べるものがないので、あまり大きく見えないんですね。

 

人の目から見て「今日の月はとても大きい!」と感じられる時間帯はいつでしょうか?

ずばり、「日が沈んですぐに月が出てくる時間」が最適です。

日本各地の「月の出」(月が出る時間)を調べる

CASIO公式サイトより:月の出月の入り(日本地名選択)

2020年4月7日(火)←満月前

・札幌 16:58
・東京 17:06
・大阪 17:24
・福岡 17:46

2020年4月8日(水)←満月後

・札幌 18:17
・東京 18:19
・大阪 18:36
・福岡 18:58

※東京は、満月が東から昇り始める

 

スーパームーンの写真の撮り方

月を撮るときのポイントは、2つあります。

1. 日の入り後、空がまだ明るいうちに撮影する

真っ暗な夜空に浮かぶ月を撮ろうとすると、スマホやカメラの自動設定では、上手く撮影できません。

周りが暗い+月が明るすぎるため、月だけが真っ白に写ってしまいます。

そこで、自動設定でも空が明るいうちに撮影すれば、月を含めた空全体を、キレイに撮影することができます。

2. 月だけではなく風景も一緒に撮影する

カメラで月だけを撮影するのは、とても難しいです。

月が真っ白に写ってしまったり、手ブレして上手く撮影できないことも。

また、夜空に浮かぶ月を撮影しても、他に対比するものがないので、月の大きさや存在感を表現することができません。

撮影する月を際立たせるためにも、まだ月が低い位置にあるうちに、建物や山などと一緒に写すのがおすすめ。

 

スマホでは、一眼レフカメラのように、月のクレーター(表面の模様)が映る写真を撮るのは難しいです。

それでも、スマホでスーパームーンをキレイに撮影できたら、嬉しいですよね。

夜間撮影用のスマホアプリを使って、月を撮る方法を説明します。

また、一眼レフでスーパームーンを撮影するときの、カメラ設定(撮影モードや絞りなど)もまとめました。

 

スマホでの撮影方法

スマホでも、手動でカメラ設定(ISO感度やシャッタースピードなど)を変更すれば、月を撮影することが可能です。

しかし、カメラについて詳しくないと難しいので、スマホアプリの利用をおすすめします。

夜撮カメラ(iPhone用)

夜撮カメラ(Android用)

 ・ノーマルモード(通常)
 ・コンポジットモード(視認できる光が適量あれば手持ち撮影可)
 ・バルブモード(ごく少量の光しかない場合三脚を使用して撮影)
 ・連射モード(10枚の連続撮影)

このスマホアプリでは4種類の撮影モードが選べます。

月を撮影するなら、まずコンポジットモードを試してみてください。

 

一眼レフ・ミラーレスでの撮影方法とおすすめレンズ

スーパームーン撮影のカメラ設定

・撮影モード:A(絞り優先)
・絞り:F6.3
・シャッタースピード:1/200
・露出補正:-3.3
・ISO感度:200
・ホワイトバランス:オート(またはお好みで)
・おすすめレンズ:
 フルサイズ……600mm
 APS-C……450mm
 マイクロフォーサーズ……300mm
・三脚(できれば)

レンズは、望遠 または 超望遠レンズがおすすめ。

上記の設定にすれば、満月なら手持ち撮影も可能です。

私は、マイクロフォーサーズの150mmレンズ+デジタルテレコン(焦点距離を2倍にする)機能を使い、300mmにして撮影しています。

(記事トップの月の写真は、私が撮影したものです)

 

スーパームーンが赤いのと大きく見える理由

スーパームーンとは、地球の周りを楕円形の軌道で回っている月が、地球に最も接近しているときに、満月(に近い状態)であることを指します。

普段の満月より約14パーセント大きく、30パーセント明るくなっているのが、スーパームーンの特長。

となれば、「夜空に浮かぶスーパームーンは、いつもの満月より、かなり大きく見えるんだ!」と、期待したくなるもの。

でも実は、月の明るさや大きさは、大気の条件や目の錯覚による効果が大きいんです。

詳しく説明します。

 

月が大きく見える理由

月が大きく見えるのは、実は目の錯覚です。

月は、夜空の高いところに昇ってしまうと、周りには小さい星があるだけで、他に比較するものがありません。

それに対し、月が地平線に近い低い位置にあると、建物や山などと比較することができます。

すると目の錯覚で、月が大きく見えてしまうんですね。

スーパームーンの場合、通常の満月よりは確かに大きく見えますが、夜空高く昇ってしまうと違いがあまり分からない……というのは、こうした理由からです。

 

月が赤く見える理由

月は、地平線近くにあると赤く見えます。

スーパームーンに限らず、満月のときに、月が赤く見えることがありますね。

夜空の高いところにある月の光は、地球を覆っている大気を下に通過してきます。

しかし、地平線近く低い位置にある月の光は、大気中の長い距離を横に通ってくるため、赤く見えるんです。

これは太陽も同じで、空高くにある太陽は赤く見えませんが、日の出・日の入で低い位置にあると赤く見えるのと、同じ現象です。

 

スーパームーンのまとめ

スーパームーンについて、日時や撮影方法・大きく見える理由などについてまとめました。

東の空に浮かび上がる幻想的なスーパームーンが見られるよう、当日は晴れることを願いましょう。

ちなみに、「スーパームーン」という呼び名は、占星術で使われるもので、天文学では使われません。

ABOUT ME
ひらり
ひらり
40代の子育て主婦/幅広い趣味や経験を生かした実体験を元に、自分にしか書けない記事や、生活に役立つ情報をまとめています/ほっこりできる情報を発信中!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です