知っておきたい季節のこと

ブラックフライデーとは。いつどこで行われる?セール情報まとめ【2020年】

ブラックフライデーとは。いつどこで行われる?セール情報まとめ

「ブラックフライデー」という言葉を、日本でもよく耳にするようになりました。

しかしこのブラックフライデー、日本発祥のものではありません。

ブラックフライデーとは、アメリカで毎年行われる大規模なセールの日であり、アメリカ国民が熱狂する一大イベント。

毎年11月の第4金曜日がブラックフライデーとされています。

ブラックフライデーとはどういうものなのか、具体的にはいつ行われるのか、日本でのセール情報もまとめました。

 

ブラックフライデーとは?その由来について

ブラックフライデーとは
ブラックフライデー

毎年11月 第4金曜日

アメリカの小売店などで大規模なセールが実施される流通イベント

ブラックフライデーの日にち

2020年:11月27日(金)

2021年:11月26日(金)

アメリカではブラックフライデーの前日、11月第4木曜日が「感謝祭(Thanksgiving Day/サンクスギビングデー)」として、国民の祝日になっています。

この感謝祭の祝日は、アメリカ国民にとって、家族や親戚・親しい友人が一斉に集まる、大事な家族行事の日。

感謝祭で集まった人々の多くはプレゼントを持ち寄って贈り合い、七面鳥料理などの豪華な食事を囲み、皆で楽しい時間を過ごします。

感謝祭の翌日となるブラックフライデーは、感謝祭プレゼントの売れ残り一掃セールという意味合いもあり、このまま12月のクリスマス商戦への幕開けイベントに突入していくんですね。

 

「ブラックフライデー」は、日本語にすると「黒字の金曜日」という意味。

アメリカの小売業者にとって、1年のうちで一番売り上げが上がる日とされ、収支が黒字になることからブラックフライデーと呼ばれるようになりました。

 

ブラックフライデーはいつ行われるの?日本でも開催される

ブラックフライデーは日本でもセールが開催される

ブラックフライデーはアメリカ発祥ですが、今や日本でも大規模なセールが開催されるようになりました。

 

アメリカのブラックフライデーは一定期間継続する

11月第4金曜日(ブラックフライデー)
 ~
次の月曜日(サイバーマンデー)まで大規模セールが続く

11月第4木曜日「感謝祭」は、アメリカ国民の祝日で休み。

ブラックフライデーと呼ばれる翌日の11月第4金曜日も、アメリカの多くの州では休日となっています。

よって、11月第4木曜~日曜まで4連休(感謝祭休日)となる州がとても多いです。

このため、ブラックフライデーの小売店で行われるセールは、金曜から日曜までの3日間は続くことになります。

 

休暇が終わったあとの月曜日は、感謝祭で帰省していた人が自宅に戻ったり、職場で仕事に復帰します。

そのときに、パソコンなどからオンラインショッピングをするため、今度は「サイバーマンデー」と呼ばれるオンラインセールが始まります。

感謝祭翌日のブラックフライデーからサイバーマンデーまで、アメリカでは非常に消費が増えます。

サイバーマンデーは、日本のAmazonでもセールが開催されることがあります。

 

日本でも広まるブラックフライデー(セール情報あり)

アメリカで毎年消費が大きく増えるブラックフライデーを参考に、GAPやトイザらスなどアメリカから上陸したショップはもちろん、イオンや楽天市場など日本の小売店も、ブラックフライデーを積極的に開催するようになりました。

理由として、日本は11月になると、12月のクリスマス・年末商戦を前にして消費者が買い控えをするようになり、売り上げが伸びなくなるためです。

アメリカと同じようにブラックフライデーから年末に続くよう消費を喚起する意味で、日本でもブラックフライデーのセールが広まっています。

また「ブラックフライデー」と銘打たなくても、この期間に合わせてセールを行う店も多くみられるので、よく利用する店舗の情報を集めておきましょうね。

 

ブラックフライデーで安くなるものは

ブラックフライデーで安くなるもの

アメリカでは、ありとあらゆるものが安くなる特大セールですが、日本も同じです。

おもちゃ・衣料品・雑貨・電化製品・車・日用品・食料……なんでも半額セールは当たり前、なかには90パーセントオフの商品も用意されることも。

ただし数に限りのあるものも多いので注意!

アメリカだけでなく日本でも、お店での欲しい商品を手に入れるため、早い時間から店舗前に並ぶ人もたくさんいますね。

日本でもGAPなど衣料品店のセールで、セーターなどの衣類が1着100円になった年もありました。

ブラックフライデーは、日本でもどんどん過熱していきそうです。

 

まとめ

アメリカ国民が買い物に熱狂するブラックフライデーについて、日本の状況も合わせてまとめました。

ブラックフライデーの大きな経済効果は、日本の小売店にとっても魅力的なんでしょうね~

私たちユーザとしても、良いモノが安く買えるのは大歓迎。

デフレが少し気にかかりますが、1年に1回くらいは、年末商戦に向けて大安売りの期間があるのも、楽しいのではないかなと思ってます。

デフレとは

「デフレーション」のこと。

物やサービスの価格が下がることなので、一見すると消費者にはメリットがあるように思えます。

しかし価格が下がると企業の売上も下がり、従業員の給料が減ったり解雇が増えるというデメリットがあります。

デフレの原因は物やサービスが売れなくなるからですが、売りたいので価格を下げる→企業の売上が下がる→給料が減る→買い物をしなくなる……という負のスパイラルに陥る可能性があります。

ABOUT ME
ひらり
ひらり
40代の子育て主婦/幅広い趣味や経験を生かした実体験を元に、自分にしか書けない記事や、生活に役立つ情報をまとめています/ほっこりできる情報を発信中!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です