季節は冬

正月の家での過ごし方・おすすめの遊びや家族でできるゲームは?

正月の家での過ごし方・おすすめの遊びや家族でできるゲームは?

こんにちは、らひ子(@rhkcha)です。

お正月は海外で過ごしたり、実家に帰省する人も多いですね。

一方、正月は自宅でのんびりと過ごして、外出する予定は初詣に行くくらい、という予定の人も多いと思います。

かくいうわが家も、新年は家族だけでゆっくりと自宅で過ごすことが圧倒的に多いです。

この時期は、紅白歌合戦や駅伝・お笑い番組などの面白い特番が目白押しでテレビを見るのも楽しめますが、テレビ以外で、お正月ならではの家での過ごし方や、おすすめの外遊び・ボードゲームなどのおすすめをまとめてみました。

正月にゆっくりできる家での過ごし方は?

・家族写真を撮る

せっかく家族全員が揃う新年、室内でもいいし、正月飾りのある玄関でもいいので、家族全員が揃った写真を撮ってみませんか?

毎年同じ場所で撮るようにすると、何年か経って写真を見直したときに、家族全員のいい思い出になりますよ。

 

・映画や海外ドラマを見る

時間がたっぷりとあるので、年末年始のテレビ番組に興味がなければ、映画や海外ドラマなどをチェックしましょう。

ただしTSUTAYAなどでのDVDレンタルは、年末に近づくと人気タイトルは軒並み貸し出し中になってしまうので、家で鑑賞する日を決めたら、早めに借りないといけません。

DVDレンタルではなく、決まった月額料金で、映画などが見放題になるインターネットの動画配信サービスがたくさんあります。

一番手軽でおすすめなのはAmazonプライム・ビデオで、Amazonプライム会員になると、人気アニメや映画が年会費だけで見放題になります。

わが家でも利用していますが、見逃してしまった人気アニメの配信もあり、話題の映画もあって、子供から大人まで楽しめるラインナップになっています。

もし、プライムではない映画が観たいと思ったら、400円~2日間のレンタル視聴ができるので、DVDを借りに行くより圧倒的に便利です。

 




もう一つのおすすめはWOWOW。

映画だけでなく、音楽アーティストのライブなど独占放送があるので、目当ての番組があるなら契約しても損はありません。

わが家では、12月~1月の2か月間だけWOWOWを契約していた年もあります。

 

・読書(積読を消化)

・録画したまま見ていなかったテレビ番組を消化

・ひたすらのんびりする・寝る

・部屋の片づけ(大掃除)

・趣味の時間をたっぷりととる

・今年の目標を決める・書き出す

仕事や年末年始の準備で忙しくて年末にできなかったことを、お正月ならではののんびりした時間に済ませてしまうこともおすすめです。

お正月はついつい「新年らしいことをしなければ」と思ってしまいがちですが、それは人それぞれ。

人の目を気にせず、自分がやりたいことを思う存分してみましょう。

正月に家にいるならどんな遊びがおすすめ?

外で遊ぶ

冬遊びの定番ともいえる凧揚げですが、風が弱かったり、大きなたこだと子供だけでは飛ばすのが大変だったりします。

今は、子供でも飛ばすのが簡単だったり、風が弱くてもよく飛ぶたこが出ています。

 

昔のお正月では、羽子板遊びのカーンカーンという音が、外から響いてきたものです。

負けた方は罰として、顔に墨で〇や×を書かれるというのが定番でしたが、今はそこまではしないかもしれませんね。

そんな懐かしい羽子板遊びを、家族でしてみるのも楽しそうです。

また羽子板とは違うのですが、子供でもラリーが続きやすくて面白い「羽根ラケット」も紹介しました。

家の中で遊ぶ

・書き初め

遊びとは違いますが、小学生と中学生の子供が学校の宿題として、自宅で書き初めを毎年しています。

せっかくなので半紙を多めに用意して、親も書き初めに参加してみるのも楽しいですね。

 

一時期、子供達の間でプラスチック製の派手なけん玉が流行りましたが、プラスチックだけあってうちの子供はすぐに壊してしまいました。

そんなこともあり、やはり昔ながらの木でできたけん玉がいいなと感じています。

※競技用けん玉とは、日本けん玉協会が認定するけん玉で、全国各地で開催されるけん玉大会へも、このけん玉で参加することができる

 

家の中で手軽に体を動かして遊べる紙飛行機ですが、普通の紙で作ると、よく飛ぶ紙飛行機にするのはなかなか難しいです。

今回紹介した紙飛行機は、投げると自分の手元に戻ってくるものだったり、大人でも楽しめる滞空時間の長いものになっています。

正月に家族みんなでゲームをしよう

・ボードゲーム

定番中の定番、人生ゲームは、ゲームの中でお金を取り扱うので、子供にも楽しみながらお金の価値感を教えることができます。

ブロックスは、12個の異なるピースを4人のプレーヤーが交互にボードに置いていく、陣取りゲームです。

どちらも家族揃ってみんなで遊ぶのがおすすめです。

 

オセロは、早い子なら幼稚園くらいから楽しめます。

将棋はルールが難しく、最初は大人でもとっつきにくい印象がありますが、将棋界で活躍する若い方が出てきたこともあり、将棋を知らない子供と一緒に、親も始めるいいきっかけになっています。

スタディ将棋は、駒に進める方向が矢印マークが描かれているので、その通りに指しているうちに、自然と駒の動きを覚えることができます。

 

どちらもお正月の定番遊びです。

ルールも難しくなく、家族みんなで楽しむことができます。

かるたには、ことわざや国旗・キャラクターものなど色々な種類があるので、お好みのものをどうぞ。

 

元素記号や化学式を、楽しく覚えられるカードゲームがあります。

また、漢字ゲームは、小学4年生までに習う112字の漢字で構成されたカードゲームです。

遊び方は、前の人が出したカードと同じ「部首」「読み」を合わせるか、「熟語」を作って手札を減らし、最初に手札がなくなった人が勝ちというものになります。

UNOはパーティでのカードゲームの定番ですね。

まとめ

わが家の子供達はテレビゲームが大好きですが、時間がたくさんあるお正月くらいは、のんびりしつつも一緒に楽しめるカードゲームや、昔ながらの凧揚げ・けん玉などで楽しんでいます。

また、家族が揃うのんびりとした時間に、家族全員で、今年の目標や達成したいことを言いあうのもおすすめです。

わが家では1月1日の朝、おせちやお雑煮を食べる前に、家族全員が今年の抱負を一人ずつ言うことにしています。

ゆったりとした時間が流れるお正月だからこそできる、その家庭ならではの楽しみ方がみつかるといいですね。

ABOUT ME
らひ子
らひ子
40代子育て主婦/幅広い趣味を生かし、実体験を元にした生活に役立つ情報をまとめています

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です