中学生

中学生のお弁当箱のサイズは?おすすめのおかずと便利グッズの紹介

中学生のお弁当箱のサイズは?おすすめのおかずと便利グッズの紹介

こんにちは、らひ子(@rhkcha)です。

給食だった公立小学校を卒業し、中学校からはお弁当になる地域があります。

また、中学校までは給食があっても、高校からはお弁当になるところも多いですよね。

今までお弁当を作ってこなかった主婦にとって、毎日のお弁当作りには、不安が出てきます。

中学生以上の子供に最適なお弁当箱のサイズや、育ち盛りの子供に人気があるおかずが掲載された本の紹介、お弁当作りにあると便利なグッズを紹介します。

中学生のお弁当箱のサイズはどのくらいがいい?

お弁当箱の容量:600~1000ミリリットル

 

一般的に、

 幼稚園から小学校低学年:400~500ミリリットル

 小学校高学年から中学生:600~700ミリリットル

が適切とされています。

お弁当箱に必要な容量は、子供によって、大きく違ってきます。

男子と女子、運動部と文化部、また成長スピードに伴っても変わってきます。

お弁当箱は、大は小を兼ねません(大きな弁当箱に少量しか詰めないと片寄ってしまう)

まずはお弁当箱を一つだけ買って様子を見ながら、子供に合った容量を検討するのがいいでしょう。

 

お弁当箱の形状は、通学かばんに合わせるのがおすすめ。

底が広いかばんなら一段の弁当箱でもいいのですが、底があまり広くないかばんなら、二段の弁当箱が省スペースになって持っていきやすいです。

 

お弁当箱選びのポイント

毎日のお弁当が楽しみになるよう、子供が気に入ったお弁当箱を買って使うのが一番です。

しかし毎日使うことを考えると、丈夫であること・壊れやすいパーツがついていないもの・手入れしやすいものを選ぶことをおすすめします。

シリコンふたタイプだと汁漏れもなく、かびやすいパッキン洗いが不要なのも楽です。

お弁当箱を子供に洗わせないなら、食洗機が使えるかどうかもポイント。

お弁当箱に、専用ケースや箸入れ(もしくは箸の収納スペース)がついていると、買ってすぐに使えて便利です。

これらの条件を満たしたお弁当箱を紹介します。

サイズ:211×87×高さ95(ミリ)
容量:(上)510ミリリットル・(下)440ミリリットル

 

サイズ:216×123×高さ58(ミリ)
容量:850ミリリットル

 

上で紹介したものは、わが家が実際に、中1男子向けに買ったお弁当箱です。

お弁当の内容によって、一段と二段を使い分けています。

 

サイズ:210×145×高さ36(ミリ)
容量:600ミリリットル

 

フードマンのお弁当箱は、縦にしても汁漏れしにくいのが大きな特徴です。

教科書やノートと同じようにカバンに入れられるので、子供にとって、持ち運びに負担が少ないお弁当箱です。

 

中学生のお弁当でおすすめのおかずは

・揚げ物(鶏のから揚げ・とんかつ・エビフライなど)

・焼き物(豚のしょうが焼き・鶏の照り焼き・ウインナー・ハンバーグなど)

・丼もの(牛丼・親子丼など)

・卵焼き(その他の玉子料理)

・ゆで野菜

・焼き野菜

・野菜のおひたし

・煮物(肉じゃが・筑前煮・かぼちゃ)

 

・ご飯(混ぜご飯・ピラフ・のり弁当・ふりかけなど)

・麺(焼きそば・パスタ)

・パン(サンドイッチ)

玉子焼きの代わりにうずらの卵を使ったり、卵料理は様々なアレンジがいくらでも可能で、お弁当には欠かせないものですね。

揚げ物も、食べ盛りの中学生が喜ぶお弁当のおかずなので、鶏のから揚げなら定番のしょうゆ味だけでなく、塩味・チーズ味・甘酢和えなど、レパートリーを増やしておきたいものです。

毎日ご飯が当たり前のところに、たまに焼きそばやパスタなどの麺類を入れるのもいいですね。

真冬や真夏は難しいですが、サンドイッチなどのパンを使ったお弁当も、子供は新鮮に感じます。

中学生なので、どうしても肉料理が中心になりますが、食べやすい魚のフライを入れたり、肉が入っている煮物にするなど、1か月トータルくらいで栄養バランスをとれるようにしておきましょう。

 

※書籍は品薄になっていますが、Kindleや楽天Koboなどの電子書籍は配信中

お弁当に関する本はたくさん出版されていますが、朝から作るには手の込んだものだったり、変わった味付けや食材を使ったレシピ本もあります。

私は料理が苦手なこともありますが、子供が食べる毎日のお弁当だからこそ、シンプルな定番で美味しいものを入れてあげたいと考え、やっと本屋で見つけた理想のお弁当の本です。

本のタイトル通り10分でできるのかと言われると難しいのですが、作り置き前提ではない定番お弁当メニューがたくさん載っていて、とても参考になります。

今はお弁当用の作りおきレシピが流行っていますが、お弁当はやはり朝作ったものを詰めるのが一番美味しいと思うので、無理をしない程度に、朝作りたてのもので子供のお弁当を作ってあげたいと考えています。

この本では、お弁当作りの基本やおかずのカロリー表記もされていて、お弁当の写真も気張りすぎていない「これなら私にも作れそう」という現実的なものになっているので、お弁当作り初心者におすすめです。

 

お弁当作りに便利グッズを活用しよう

お弁当に欠かせないのは、なんといっても卵焼きではないでしょうか。

しかし普通サイズの卵焼き器では、最低でも卵を2個使わないと、うまく巻くことができません。

そこで、卵1個でも玉子焼きの形になる、お弁当用サイズの小さい玉子焼き器の準備をおすすめします。

テフロン加工の方が焦げ付かず手軽に使えていいのですが、わが家はあえて鉄製にしました。

朝はバタバタしているため、うっかりコンロにフライパンをかけっぱなしにしても、鉄製ならある程度は大丈夫ということと、ほぼ毎日使うことを考えると、鉄製の方がかえって手入れも楽ですよ。

玉子焼き器の内寸サイズ:幅9.5×奥行20×深さ2.6(センチ)

このくらいの大きさだと、卵1個で厚焼き玉子を作ることができます。

 

まとめ

私は結婚してから、出産後などの特別な場合をのぞき、会社員の夫のお弁当を10年以上作り続けていました。

基本的に前の晩の残り物メイン(取り分けておく)だった夫のお弁当は、朝に再加熱して詰めるだけということが多く、作るのが大変とはあまり感じませんでした。

しかし、中学生の子供のお弁当も作るとなると、前の晩の取り分けだけじゃ追いつきません。

そしてお昼になっても美味しく食べてもらえるよう、子供のお弁当はできれば朝に手作りしたい、というのが私の本音(夫がどうでもいいわけではありませんが……)

毎日のことなので大変ですが、せっかくなので試行錯誤しながら、お弁当作りを楽しんでいきます!

ABOUT ME
らひ子
らひ子
40代子育て主婦/幅広い趣味を生かし、実体験を元にした生活に役立つ情報をまとめています

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です