季節は春

春分の日とは?春のお彼岸との関係やぼたもちを食べる理由

春分の日とは?春のお彼岸との関係やぼたもちを食べる理由

こんにちは、らひ子(@rhkcha)です。

毎年3月20~21日ごろにある「春分の日(しゅんぶんのひ)」は、国民の祝日となります。

春分の日前後は、「春のお彼岸」と呼ばれる期間にもなっています。

また、このお彼岸の時期には、ぼたもちを食べる習慣もありますね。

春分の日とはいったいどんな日なのか、春のお彼岸との関係や、ぼたもちを食べる理由などをまとめました。

春分の日とはどのような意味があるの?

春分の日はいつ?

2020年3月20日(金・祝)

2021年3月20日(土・祝)

2022年3月21日(月・祝)

2023年3月21日(火・祝)

2024年3月20日(水・祝)

2025年3月20日(木・祝)

※国立天文台公式サイト:何年後かの春分の日・秋分の日はわかるの? より

 

春分の日の意味

二十四節気の太陽から見た地球の位置
太陽を中心に地球はその周りを回る図・各二十四節気の太陽から見た地球の位置

天文学上、地球が「春分点」を通過する瞬間がある日を「春分日」と呼んでいます。

たとえば、3月20日中(時間は問わない)に地球が春分点を通過したら、3月20日が春分日と呼ばれます。

地球と太陽は動き続けているため、春分日は特定の日にちで決められていません。

このため春分日は毎年同じ日ではなく、3月20日になったり21日になったりします。

 

同じような理由で、秋分の日・夏至・冬至もその年によって日にちが違ってきます。

 

春分の日が正式に祝日に設定されるのはいつ?

計算上、春分日は何年も先まで判明していますが、春分の日として祝日設定されるのは、前年2月最初の官報※で発表されてからになります。

そのため、正式に春分の日として祝日に設定されているのは、翌年の春分の日までとなります。

※官報とは

法律・政令・条約等の公布を国民に広く知らせる重要な役割を果たす政府情報の公的な伝達手段

参考:インターネット版「官報」

 

春分の日の由来

現在の春分の日は、天文学に基づいた季節の節目となる日であり、何かをお祝いする日ではありません。

しかし、もとの由来は、1947年(昭和22年)に廃止された祭日である春季皇霊祭(しゅんきこうれいさい)にあります。

現在でも宮中祭祀として、春分の日には天皇により皇霊殿で、歴代の天皇・皇后・皇親の霊を祭る儀式が行われています。

春分の日は昼と夜の長さが同じって本当?

実は様々な理由があり、厳密には昼と夜は同じ長さではありません。

春分の日の日の出・日の入時間から平均すると、昼の方が14分ほど長くなっています。

国立天文台公式サイト:春分の日・秋分の日には、昼と夜の長さは同じになるの?

春分の日とお彼岸の関係。いつからいつまでがお彼岸?

春分の日とお彼岸の関係

仏教では、生死を超えて到達する悟りの世界を彼岸(ひがん)、煩悩や迷いと悩みにあふれた世界を此岸(しがん)と呼び、彼岸は西に、此岸は東にあるとされています。

春分の日の太陽は、真東から昇って真西に沈むことから、この日は彼岸と此岸が通じやすくなるため、先祖供養をすることで、自分も極楽浄土へ行くことができると考えられていました(秋分の日も同様)

そのため、お彼岸にお墓参りをするようになったのです。

お彼岸はいつからいつまでの期間なのか

春分の日当日を中心とした前後3日、合計7日間を「春彼岸(はるひがん)」と呼びます。

春分の日を 3月20日 とする場合

春彼岸 3月17日 ~ 3月23日

 3月17日 彼岸の入り

 3月20日 彼岸の中日(春分の日)

 3月23日 彼岸の明け

 

春分の日に食べるのはぼたもち?おはぎ?その理由

春分の日に食べるのは、「ぼたもち」です。

ぼたもちは、春分の日(彼岸の中日)のご先祖様へのお供えものとされています。

ぼたもちに使われる小豆の赤い色が、災難から身を守ったり、魔除けになったり、邪気を払ってくれると昔から信じられているからです。

 

ぼたもちとおはぎの違い

ぼたもちとおはぎを作る材料は小豆(あずき)で、同じものです。

しかし、春のお彼岸は「ぼたもち」、秋のお彼岸は「おはぎ」と呼ばれますが、なぜでしょうか。

 

・ぼたもち……「牡丹餅」-こしあん

・おはぎ……「御萩」-粒あん

 

春は牡丹(ぼたん)の花が咲く季節のため、牡丹の花のように大きくて丸い形にしたものがぼたもちになります。

ぼたもちは、昨年の秋に収穫した小豆を使うため、長く保管していた小豆の皮が固くなっていることから、皮を取り除いたこしあんが、ぼたもちには使われました。

秋は萩(はぎ)の花が咲く季節なので、萩の花のように細長い俵型にしたものがおはぎになりました。

秋は小豆の収穫時期でもあるので、小豆を皮ごと炊いたものを使った粒あんが主流です。

現在は、粒あん・こしあんは時期に関係なく好みで選べるようになっていますが、こうした理由があって、ぼたもちとおはぎという違いがあったことを知っているといいですね。

まとめ

春分の日が、年によって日にちが違う理由が分かりました。

また春分の日の由来となった歴史から考えると、とても古くからある国民の祝日であり、お彼岸との関係も深い日でもありますね。

春彼岸には、子供達に意味を教えながら、美味しいぼたもちを食べたいと思います。

ABOUT ME
らひ子
らひ子
40代子育て主婦/幅広い趣味を生かし、実体験を元にした生活に役立つ情報をまとめています

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です