子供を育てる

中学生カバンのおすすめ。通学はリュックや肩掛けが人気!中身はなに入れる?

中学生カバンのおすすめ。通学はリュックや肩掛けが人気!中身はなに入れる?

お子さんの中学校入学、おめでとうございます!

公立の中学校では、指定カバンのないところが多いですね。

中学生の通学カバンのおすすめや、使いやすいリュックや肩掛けカバンの紹介、カバンの中にはなにを入れているのか、わが子の実体験をもとにまとめました。

 

中学生カバンで通学におすすめのタイプ

・リュックサック(バックパック・ナップサック・ザック)

・肩掛け(ななめ掛け)バッグ(ショルダーバッグ)

カバンは地域や時代によって、大きく流行が変わります。

すでに進学先の中学校に通っている知り合いや先輩に、どういったものが流行っているのか聞いてみましょう。

一般的におすすめなのは、リュック(バックパック・ナップサック・ザックとも呼ばれる)

リュックタイプは、たくさん荷物が入り、重いものを持つのが楽で、また両手が空くので、安全面でも中学生にピッタリ。

肩掛け(ショルダー)タイプは、いわゆるスクールバックとも呼ばれ、種類が豊富です。

部活が運動部なら、学校指定とは別の、部活用ジャージ・ウェア・靴などが必要になるため、教科書などと合わせて大量の荷物をまとめて入れることができる、大型のバッグも人気があります。

 

カバンの容量はどのくらいあればいい?

・学校の勉強道具・弁当を入れるなら 25リットル以上

・上記に加え、体操服や部活の道具を入れるなら 30リットル以上

 

カバンには容量が明記されているので、インターネットで買うなど、現品を手に取れないときの参考にしてください。

注意点として、身長150センチ前後の子供が30リットル以上のリュックを背負うと、かなり大きく感じます。

リュックの腰ベルトの位置が合わないこともあるので、不安ならお店で試着してくださいね。

 

中学生カバンのリュックと肩掛けのおすすめ

わが子が実際に購入して使っているリュックを中心に、紹介します。

 

リュックサック(バックパック)

おすすめはコールマンのリュック。

コールマンは25リットル以上のリュックになると、腰ベルトがつくので、荷物が重くなったときでも、体への負担が少なくて済みます。

最近は、四角いタイプのリュックが特に人気で、教科書などが取り出しやすいのがポイント。

以下に紹介する2つの容量違いのリュックは、わが子(次男)が実際に使っていて、雨の日にも安心な防水タイプ。

カバン自体に少し重みがあるのが難点ですが、型崩れも少なく、子供がとても気に入っています。

 

次男が、上で紹介したコールマンのシールドを買う前に使っていたのが、ウォーカー(下で紹介 ↓)というリュック。

ポケットが豊富にあり、生地は薄く感じますが、実際に使ってみると丈夫で軽いのが嬉しいポイントです。

カラーや柄もとても種類が多いので、男女問わず気に入ったものが、きっと見つかりますよ。

長男と次男は、今でも学校以外で普段使いをしています。

かなりのヘビーユースにも耐えてくれる丈夫さがあり、ファスナーもスムーズに動くので、開け閉めがストレスになりません。

重い教科書やお弁当・水筒を毎日持ち歩くことを考えると、リュック自体が軽いのも嬉しいですね。

 

肩掛け(ショルダー)バッグ

中学生に人気がある肩掛けバッグ。

ショルダーバッグは底が広く、教科書やノート・お弁当が入れやすいのが特長。

片側の肩にかけてもいいし、重いときはななめ掛けにしても使えます。

デザインや色のバリエーションが豊富なので、男女問わずおすすめ。

おすすめのカバン専門店のネットショップ

わが家がいつもお世話になっているのは かばんのミヤモト です。

コールマンのリュックを兄弟で合計4つ、このショップから購入しています。

発送も早く、口コミ(商品レビュー)がたくさん入っているので、子供の身長や体型に対して、リュックの大きさがちょうどいいのかどうか情報が得られて、とても便利です。

 

中学生のカバンの中身、どんなものを入れてるの?

・教科書・ノート

・副教材(辞書なども含む)

・お弁当・水筒(給食ではない場合)

・体操服・ジャージ

・部活の道具

教科書とノート・副教材だけなら、大きいサイズ(30リットル以上)のバッグだと、かえって持ちづらいです。

しかし、部活動で使う道具(ユニフォームやスパイクなど)や、弁当や水筒もあり、それでもなるべく一つのカバンにまとめたいなら、やはり大きめのバッグがおすすめ。

ただし女子の場合、一つにまとめた荷物が重すぎて負担になることも。

体操服や副教材を入れる用に、サブバッグを持つのもおすすめです。

わが家の子供が通う中学校はお弁当なので、毎日使う教科書やノートに加え、必ずお弁当や水筒も持っていくことになるので、30リットル以上のカバンが必須です。

まとめ

わが家の子供達がいる地域では、圧倒的にリュックタイプのカバンが多いです。

ほとんどの子が30リットル以上の鞄で、なるべく通学時の荷物は一つにまとめ、両手を空けています。

その中でも、

・野球部の子はショルダータイプのエナメルバッグ

・テニス部の子は、テニスラケットが入る大型のショルダータイプやリュック型のバッグ

など、子供達なりに工夫して使い分けていますね。

 

親としては3年間、同じ鞄を使ってもらえるとありがたいのですが、子供の趣味が変わったり、部活に入ったり、鞄が壊れたり、また流行りが変わることもあるので、子供と相談ですね。

どんなときでも、子供の成長に合ったカバンを用意してあげたいものです。

中学生の靴でおすすめは?上履き入れや体操服入れの選び方
中学生の靴でおすすめは?上履き入れや体操服入れの選び方中学校では通学で履く靴は自由であることが多く、上履き入れや体操服入れも特に指定がありません。おすすめの運動靴やローファーを紹介します。また、上履き入れと体操服入れも、買う前に知っておくと便利なサイズや、実際に買った具体的な商品情報をまとめました。...
ABOUT ME
ひらり
40代の子育て主婦/幅広い趣味や経験を生かした実体験を元に、自分にしか書けない記事や、生活に役立つ情報をまとめています/ほっこりできる情報を発信中!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です