中学生

中学生の靴でおすすめは?上履き入れや体操服入れの選び方も

中学生の靴でおすすめは?上履き入れや体操服入れの選び方も

こんにちは、らひ子(@rhkcha)です。

中学校の入学を控えている親にとっては、入学後に使うものの準備を早めにしておきたいものですよね。

公立の中学校では、通学靴が自由であるところも多いため、靴選びから迷ってしまうことがあります。

また小学校入学の時とは違い、上履き袋や体操服袋についても、特に指定のないことが多いです。

中学生が通学用に履く靴のおすすめ(運動靴・ローファー)や、上履き入れ・体操服入れのおすすめサイズと具体的な商品情報をまとめました。

中学生の通学靴のおすすめは運動靴?ローファー?

運動靴

中学生の通学や体育の授業にも使える運動靴なら、アディダスのランニングシューズが丈夫で長持ち、コストパフォーマンスがよいのでおすすめです。

色やサイズも豊富なので、子供の希望に合わせて選ぶことができます。

うちの子供(男)が実際に使っているのは、アディダスのランニングシューズです。

普通の靴では入らないくらい「足の甲」がかなり高いものの、足の幅は標準的(細くはない)タイプなので、お店で試し履きをしてこの靴のブラックに即決でした。

手に持ってみると分かるのですが、靴がとにかく軽く、ソールが厚めでクッションが適度に入っているので、歩くのも走るのも楽にできるとのこと。

4Eとありますが、普段2Eの靴を履いている子供にぴったりです。

毎日の通学や体育の授業にも使えるので、おすすめです。

お店で買うと5,300円前後になりますが、ネットショップだと3,000円台から手に入ります。

ローファー

通学にはローファー指定の学校もあります。

そんな中学生におすすめなのは、HARUTA(ハルタ)のローファーです。

私も高校時代の3年間お世話になったHARUTAですが、今はネットショップなら手軽な価格で購入できるため、大多数の中高生が履いています。

合成皮革のため雨や汚れにも強く、手入れも基本的には水拭きでキレイになるので簡単です。

紹介しているのは標準的な足幅の2Eタイプですが、足の幅が広い子には3Eがおすすめです。

CHECK毎日履く靴は購入前にできるだけ試し履きを!

小学生~中学生の間、子供の足のサイズはめまぐるしく大きく変わっていきます。
サイズだけではなく、足の幅の広さや、甲の高さも重要なチェックポイントです。
そうしたことを踏まえ、靴を購入する前には、試し履きをすることをおすすめします。

子育てには何かとお金がかかるので、少しでも節約するために安いネットショップで靴を買うこともありますが、その場合でも、できれば実店舗で試し履きをすることをおすすめします(またはサイズの交換・返品などを受け付けてくれるネットショップを選択する)

わが家では子供靴の購入を決めたら、子供と一緒にABC MARTなどの靴屋に行き、子供自身に靴を選ばせて試し履きをします。
本当ならここでは買わず、安く買えるネットショップで注文したいところですが、店員に靴のサイズをいくつか出してもらったり、色々な靴を試し履きさせてもらった場合は、一足目はその場で購入します。
二足目以降はサイズも分かっているし、もしきつくなってしまったらワンサイズ上を買えばいいと分かるので、Amazonや楽天のネットショップを利用することにしています。

中学校で使える上履き入れ・体育館履き入れは?

上履き入れ

中学生になると、小学生の時に使っていた布タイプのものは小さくて使えないことが多いです。

また、見た目もかっこいいものを子供が希望するので、多くの子供達が持っているタイプのシューズケースを紹介します。

アディダスのシューズケース

アディダスのシューズケース
シューズケースのサイズ:幅34.5×高さ17.5×厚み13(センチ)

わが子の25センチの上履きが余裕で入るMサイズのシューズケースです。

商品タグには、ポリエステル製で、30センチまでのランニングシューズが入ると記されています。

ファスナーは写真にあるように、側面のみ開きます。

ただ、実際に子供を通わせて分かったことは、中学生になると上履きを毎週は持ち帰りません。

学校にもよると思いますが、わが子が通う中学校では、長期休暇の前しか上履きを持ち帰らないので、シューズケースは用意しないというのもアリです。

体育館履き入れ

体育館履きは、普通のランニングシューズタイプであることが多く、上履きよりも大きめの袋でないと入れづらいです。

アディダスのシューズケース

アディダスのシューズケース
シューズケースのサイズ:幅34.5×高さ21.5×厚み13(センチ)

25センチの体育館履きが余裕で入るLサイズになります。

商品タグには、ポリエステル製で、30センチまでのミドルカットシューズが収納できるとあります。

25センチの体育館履きなら、前に紹介したMサイズのシューズケースでも入りますが、こちらのLサイズはファスナーの前面が開いて出し入れが楽なので、大きい靴ならLサイズをおすすめします。


中学校で使える体操服入れは?ジャージも入れるなら

中学生は半袖の体操服とハーフパンツだけではなく、ジャージの上下も必要となります。

ジャージがない時期は小さい袋でもいいのですが、冬になってジャージが必要になるとそれなりに大きな袋でないと入りません。

紹介するものは「シューズケース」とありますが、わが家では体操服入れとして使用します。

アディダスの体操服入れ
シューズケースのサイズ:29×40(センチ)マチなし

半袖の体操服とハーフパンツだけを入れるなら、この大きさで十分です。

こうしたタイプのシューズケースは、巾着型ではなくリュック型が多いのですが、リュック型は紐が結べず邪魔になるので、うちではあえて巾着型の袋にしています。

アディダスの体操服入れ
シューズケースのサイズ:38×44(センチ)マチなし

ジャージの上下・半袖の体操服・ハーフパンツ(すべてメンズMサイズ)の4着を入れた状態です。

ちょうどピッタリ収まり、上部分には余裕もあり、通学用リュックの中にも入れやすくまとまります。

まとめ

シューズケースは、実際の店舗ではあまり種類を置いていないところが多いため、探すのにとても苦労します。

ネットで探すとたくさん出てきますが、サイズは記されていても、実際に靴やジャージなどを入れて使った感じは想像するしかなく、買ってはみたものの小さすぎて使えないということもあります。

靴もお店で買うと定価であることが多いので、サイズさえ分かれば、なるべく安いネットショップを探して購入したいですね。

関連記事:公立中学校の入学前にかかる費用は?制服代やその他の費用について

ABOUT ME
らひ子
らひ子
40代子育て主婦・幅広い趣味を生かし、実体験を元にした生活に役立つ情報をまとめています

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です