知っておきたい季節のこと

冬のお風呂に寒さ対策をする。窓や床タイルはどうする?脱衣所も暖かく

冬のお風呂に寒さ対策をする。窓や床タイルはどうする?脱衣所も暖かく

冬のお風呂場や脱衣所って、とても冷えますよね。

だからといって、浴室の窓を二重窓にしたり、壁や床を断熱素材に変えるなど、大がかりな工事をするのは大変です。

冬のお風呂の寒さ対策として、なるべく手軽にできる、浴室・窓・床タイル・脱衣所を暖める方法やグッズをまとめました。

 

冬のお風呂で寒さ対策をする

浴室内の寒さ対策5つと、湯船のお湯を冷まさない方法をまとめました。

 

浴室内の寒さ対策5つ

1. 浴室暖房をする

浴室暖房のスイッチパネル

お風呂場に浴室暖房がついているなら、これを活用するのが手っ取り早いです。

湿度が高いと、人は体感的に暖かく感じます。

風呂に入る20分前から風呂のふたを開け、湯気が浴室に広がるようにしてから、浴室暖房をつけるとよいでしょう。

 

2. 暖房器具を脱衣所に置き、浴室に向けて置く

持ち運びのできる小さめの暖房器具を脱衣所に置き、お風呂場のドアを開けて、浴室に暖房の暖気が入るようにします。

上で紹介した浴室暖房と同じ効果がありますが、電化製品は湿気があると危険なので、風呂のふたは開けないようにしましょう。

 

3. 換気扇を止める
(マンションなら24時間換気を一時的に停止する)

24時間換気のスイッチパネル

換気扇や24時間換気を止めるのも、かなり効果が大きいです。

ほんのわずかな空気の流れでも、濡れた体には、かなりの寒さを感じます。

※最新の戸建て・マンションでは、24時間換気を止められないことも

24時間換気を停止できるならした方が、暖かくお風呂に入れますよ。

わが家は24時間換気を止められるので、冬場のお風呂タイムは止めて入ります。

24時間換気を止める場合の注意点

最後の人がお風呂から出たら、24時間換気は必ずオンにしておきましょう。

24時間換気をオフのままにすると、風呂だけでなく、家中の湿気の逃げ道がなくなり、リビングなどの窓が結露する原因となります。

 

4. 浴槽のお湯をためるのを、シャワーで行う

シャワーの温度を高め(47度前後)にして、シャワーのお湯が浴槽に入るようにしてためます。

シャワーの湯気で、浴室全体が暖まりますよ。

ただし、自動給湯ではないので、時間を計りながら、手動で止めるのを忘れないように。

小さめの浴室に、特におすすめの方法です。

 

5. 風呂に入る30分前から、風呂のふたを開けておく

窓がない小さい浴室なら、お風呂に入る30分前から、風呂のふたを開けておきましょう。

窓があったり、広めの浴室だと効果があまりありません。

 

湯気を浴室に充満させると、カビが生えてしまう?

湯気が充満するのは、入浴中は気にしなくて大丈夫。

お風呂を最後に入った人が、浴室から出るときに、

 ・冷水を壁や床にさっとかける
 ・窓を開けて換気をよくする

といった対策をしてください。

マンションなどで浴室に窓がない場合、壁を乾いたタオルで拭くと、カビが生えにくくなります。

 

湯船のお湯を冷まさない方法

・湯船の風呂ふただけでなく、アルミシートをお湯に直接載せる

湯船にする風呂ふただけでは、寒い冬には湯温がどんどん下がってしまいます。

お風呂を沸かし直すのはガス代がかかるので、なるべく家族全員が続けて入ることが一番。

でも実際には、難しいですよね。

その場合、アルミシートを直接お湯に乗せることで、湯温が下がりにくくなります。

わが家でも実際に使っていますが、お風呂のふただけより、長時間湯温を保ってくれますよ。

ネット通販でお風呂専用品を買えますが、100円ショップには、片面だけアルミが貼られたシートが売っています。

ハサミで浴槽の大きさに切って、アルミ面をお湯側につけて使えばOK!

100均のアルミシートなら、汚れても惜しみなく捨てられ買い直しも楽なので、個人的にはおすすめです♪

 

脱衣所の寒さ対策

・脱衣所に、小さな暖房器具を置いておく

わざわざ脱衣所用に購入しなくても、部屋で使っている小さめのファンヒーターや遠赤外線暖房器具を、お風呂に入る10分前に脱衣所に移動させて使うのもいいですね。

人感センサーつきのセラミックファンヒーターなら、人が近づくと自動で温風が出るので、お風呂上がりに濡れた手でスイッチを触らなくていいのが便利。

ただし、電気製品には水がかからないよう、くれぐれも注意してください。

 

風呂場の窓の寒さ対策に効果的なもの

・窓にプチプチを貼る

お風呂場にいると、窓から伝わってくる冷気や、ちょっとした隙間風でも体感温度が下がります。

冬場は窓にプチプチ(エアクッション)を貼ると、冷気を防止してくれますよ。

浴室内だけでも十分効果はありますが、窓の外側にも貼ると、さらに冷気の遮断効果が高くなります。

 

風呂のタイルや床の寒さ対策

・お風呂用マットを敷く

風呂の床タイルが冷たい場合、風呂用マットを敷くのがおすすめ。

洗い場ですべりにくくなるので、小さい子供やお年寄りにも安心です。

 

冬のお風呂の寒さ対策まとめ

冬のお風呂が寒いと、入るまでがおっくうになってしまいがち。

だけど冬だからこそ、しっかりとお風呂で体を温めたいもの。

入浴後にいい睡眠をとるためにも、できるだけゆったりと快適に過ごしたいですね。

浴室や脱衣所と、暖かい部屋との気温差をなるべくなくして、楽しいお風呂タイムを過ごしましょう。

ABOUT ME
ひらり
ひらり
40代の子育て主婦/幅広い趣味や経験を生かした実体験を元に、自分にしか書けない記事や、生活に役立つ情報をまとめています/ほっこりできる情報を発信中!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です