観光・旅行・イベント

海水浴の持ち物リスト。あったら便利なものや子連れの場合は

海水浴の持ち物リスト。あったら便利なものや子連れの場合は

こんにちは、らひ子(@rhkcha)です。

真夏の海水浴は、家族でもグループでも一人でも楽しめるレジャーですね。

海や浜辺で遊ぶのはとても楽しいものですが、日焼け対策や、砂浜での飲食、海で泳ぎ終わって帰る時にあると便利なものなど、海水浴に行くと決めたら、しっかりとした準備をすると安心できます。

海水浴であると便利な持ち物リストや、子連れの場合に持っていくと重宝するもの、海水浴で海の家は利用するものかどうかについてまとめました。

海水浴の持ち物リスト!便利なものまとめ

・水着

・ウォーターシューズ

・ラッシュガード(Tシャツ・長そでシャツ)

・タオル(大・小)

・サングラス

・帽子

・日焼け止め

・飲み物

・スポーツドリンクや塩飴など熱中症対策のもの

・ござ(レジャーシート)

・ワンタッチテント(パラソルを借りない場合)

・ジップロック(防水のためカメラやスマホなどを入れる)

・市販の防水ポーチ(貴重品を入れる)

・ビニール袋(大・小を多めに)

・流せるティッシュ(公衆トイレ用)

大人の場合はビーチサンダルでもいいのですが、できればウォーターシューズがおすすめです。

熱い砂浜の上を歩いても大丈夫で、そのまま海に入れるし、貝殻や岩などから足を守ってくれます。

海で一番気をつけたいのは日焼けですが、焼きたくない場合のラッシュガードやサングラス・日焼け止めはもちろん、体を焼く場合でも必ず日焼け用オイルを塗って、肌を保護するようにしてください。

熱中症にも要注意です。

適度に塩分が含まれたスポーツドリンクや飴などを、時々口にするように心がけましょう。

海の家を利用して、パラソルを借りる場合は必要ありませんが、ワンタッチテントを持参すると、休憩中に直射日光をさえぎることができて便利です。

ワンタッチテントは折りたたんで運べますが、たたみ方は事前に練習しておきましょう。

レジャーシートではなく、ござ(100円ショップで売っている)がおすすめなのは、砂がつきづらく、座った時にレジャーシートよりも汗をかきづらいというメリットがあるからです。

どちらにせよ砂がたくさんついてしまうので、キレイにするのが面倒なら、持ち帰ってから処分しましょう。

デジカメやスマホなどで撮影をしたい場合は、ジップロックに入れたり、防水ポーチに入れて持ち歩くようにします。

また、海水浴中に貴重品をどのように管理したらいいのかは、「海水浴で荷物管理のおすすめは?持ち物の管理に便利なグッズを紹介」を参考にしてみてください。

ビニール袋は、濡れたものを入れたり、砂で汚れてしまったものを持ち帰るためなど、何枚あっても重宝します。

また、海の家を利用する場合は、トイレも海の家のものを使えますが、通常は砂浜に設置されている公衆トイレを利用することになります。

公衆トイレの場合、トイレットペーパーがなくなっていることもあるので、水に流れるティッシュは必須です。

車で行く場合にあると嬉しいもの

・新聞紙や古タオル

・サンシェード・日よけ(フロントガラス用)

・大きめのタオル

・手足を洗うための水(折りたたみタンクなど)

直射日光が当たると車内がとても熱くなるので、フロントガラスにはサンシェードを、ハンドルやシートにはタオルをかけておくといいです。

折りたたみ式のタンクを使えば、自宅から水を入れて車内に置いておくことで、帰る頃には水が温まります。

これがあれば、車まで戻ってから手足を洗ったり、子供なら体まで洗うことができるので、とても便利です。

海水浴の持ち物で子連れなら持っていきたいもの

・水着

・ゴーグル(大きめのものがおすすめ)

・ラッシュガード

・帽子

・ウォーターシューズ(使い古しの靴でも)

・浮き輪・ビーチボール

・空気入れポンプ

・ラップタオル(着替えにも使える)

・日焼け止め

・ござ(レジャーシート)

・ワンタッチテント(パラソルを借りない場合)

・飲み物

・スポーツドリンクや塩飴など熱中症対策のもの

・お弁当

・砂遊びセット(スコップやバケツなど)

・海の生き物図鑑(ポケットタイプ・100均でも)

・ビニール袋(穴をあけてシャワー遊びができる)

・水(ペットボトルに凍らせていく)

・凍らせたタオル

・クーラーボックス

・絆創膏(救急セット)

・虫刺され薬(ムヒなど)

・保湿用化粧水

子供にはウォーターシューズが必須です。

晴れた日の砂浜はとても熱くて、大人でも素足で歩くには勇気がいります。

ビーチサンダルで海に入ると浮いてしまうので、ウォーターシューズがあると安全です。

魚がたくさんいるような海岸なら、大きなゴーグルがあると、魚をよく見ることができます。

また子供連れで行き、海の家の利用やパラソルを借りる予定がないなら、前章で紹介したワンタッチテントを持参しましょう。

日陰で休むことができないと、子供は疲れてしまうし、熱中症の危険も高まります。

こまめな水分・塩分補給を心がけてあげましょう。

日焼け止めは子供の場合、自分で塗り直しができないので、親がこまめに塗ってあげてください。

ラッシュガードを着せるのもおすすめです。

空気入れポンプは、自宅からビーチボールなどに空気を入れていくなら必要ありません。

また海の家を利用する場合、海の家でポンプを無料で貸してくれるところもあります。

ペットボトルに飲み物や水を入れて凍らせたものを、クーラーボックスに入れて持っていくと、砂浜で冷たい飲み物を飲むことができます。

ペットボトルを凍らせるついでに、濡れタオルも凍らせておくと、熱い砂浜では重宝しますよ。

また大変でなければ、凍らせていない水を入れたペットボトルも持参すると、お弁当を食べる前などに手を洗うことができるので便利です。

虫刺され薬は、クラゲに刺されたときに必須です。

わが子も以前、海水浴中にクラゲに刺されてしまい救護室に行きましたが、水で洗い流してムヒを塗っただけでした。

救護室まで遠かったり、救護室のない海水浴場だった場合に備えて、虫刺され薬は必ず持っていきましょう。

保湿用化粧水は、子供に限らず大人でも、日焼け後にシャワーで体をキレイにしたあと、すぐに塗ってあげると日焼けの火照りが治まりやすくなります。

子供連れなら朝から行って昼ごろ帰るプランもおすすめ

真夏の海水浴は、砂浜や海水への陽射しの照り返しが強く、体感気温がかなり上がります。

海に入るとはいえ汗をかくし、直射日光をどうしてもたくさん浴びてしまうので、見た目が元気な子供でも、とても疲れてしまいます。

小さい子供を連れているなら、まだ涼しい朝のうちに海に着くように行動し、昼ご飯を食べたら帰るというスケジュールもおすすめです。

早めに動くと、行き帰りとも渋滞に巻き込まれず、混雑がそれほどない時間に子供達が海で楽しく遊べて、砂浜の場所取りも必要ありません。

自宅に帰ってからものんびりと疲れをいやせます。


海水浴なら海の家は使わないとダメ?

海の家の利用は必須ではありませんし、小さい海岸では、そもそも海の家がないこともあります。

しかし、海水浴が数年ぶりであるとか、小さい子供がいる場合は、海の家があるような大きな海水浴場を利用することをおすすめします。

大きい海水浴場では、監視員がおぼれている人がいないか海を見張っていてくれたり、救護室があったりとサポートがしっかりしています。

海の波には、沖に向かう強い流れが出てくることがあります。

浮き輪で遊んでいる子供が、少し目を離したすきに沖までいってしまうようなことがないように、本来なら親が気をつけるべきですが、いざという時に備えて監視員がいると安心できますね。

海の家の利用料は、1日あたり大人1,000~2,000円程度(小学生以下は大人料金の半額くらい)のところが多く、更衣室やシャワー・トイレなどが利用でき、食事の提供や休憩場所もあります。

また、荷物も預かってもらえるので、急に海に遊びに行くことになった時などでも、事前準備があまり必要ないところが魅力です。

まとめ

海水浴は誰しもが楽しめる夏の定番レジャーですが、準備をしっかりしていくと、さらに楽しく海で遊ぶことができます。

忘れ物をしないように、出かける前日までに持っていく物を揃えておきましょう。

ABOUT ME
らひ子
らひ子
40代子育て主婦/多趣味で自分がしてきたさまざまな体験をまとめたり、生活に役立つ情報をピックアップしてブログ記事にしています

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です