スマホで便利に

AppleWatch4をキレイにする。バンドの外し方と手入れ方法まとめ

AppleWatch4をキレイにする。バンドの外し方と手入れ方法まとめ

こんにちは、らひ子(@rhkcha)です。

私は、日ごろの運動不足解消を目指し、AppleWatch4を活用している主婦です。

毎日朝起きてから、夜寝るまでの間、AppleWatchを左手首につけっぱなしなので、どんどん汚れてきます。

特に夏の時期は、かなり汗をかいたり、日焼け止めを塗ることもあり、本体もバンドも汚れやすいんですね。

AppleWatch4をキレイにする手入れ方法を実践して、分かりやすくまとめました。

AppleWatch4をキレイにするには

まず、アップルウォッチ本体からバンドを外します。

本体とバンドは、別々にキレイにしていきましょう。

AppleWatchのバンドの外し方

AppleWatchのバンドの外し方
写真の赤く囲った部分にあるボタンを爪先などで押しながら、バンドを横にスライドします。

慣れるまでは外しづらいですが、何度かやるうちに、簡単にできるようになりますよ。

AppleWatchとバンド
アップルウォッチ本体とバンドです。

本体:AppleWatch4 シルバーアルミニウムケース(40mm)

マジックテープのついている左のバンド:シーシェルスポーツループ(ナイロン製)

マグネット式の右のバンド:ミラネーゼループ(ステンレススチール製)

AppleWatch本体をキレイにする

毎日のお手入れなら、ウェットティッシュで水拭きするくらいで十分です。

しかし、たくさん汗をかいたり、アップルウォッチ本体に日焼け止めがついてしまったら、水洗いをしましょう。

ただし、Apple公式では、AppleWatch本体の水洗いは推奨されていません。

ここでは自己責任で、AppleWatchを水泳で使うときの機能を利用して、水洗いする方法を説明します。

※石けん・洗剤・超音波洗浄機などは使用しない

AppleWatch本体を防水ロック設定にする
1. 本体画面で、下から上にスワイプし、コントロールセンターの水滴アイコンをタップ

 

AppleWatch本体を防水ロック設定にする
2. 画面上に、水滴アイコンが表示されたら、防水ロック完了

 

AppleWatch本体を流水で洗う
3. アップルウォッチ本体を、水道水(流水)でよく洗う

 

AppleWatch本体の防水ロックを解除する
4. アップルウォッチ本体をよく拭いてから、防水ロックを解除する
-1. デジタルクラウンを押すと、写真の画面が表示される
-2. デジタルクラウンを回し続けて水が排出されると、「プープープープー」という低音が鳴り、防水ロックが解除される

 

AppleWatchのバンドをキレイにする

ミラネーゼループバンド(ステンレス製)をキレイにする

ミラネーゼループバンド
ミラネーゼループはステンレス製なので、水洗いしてもいいかなと思ったのですが、Apple公式によると、水洗いは禁止とのこと。

私は外出時にミラネーゼをつけることが多く、汗や日焼け止めでかなり汚れていると感じたので、

お掃除用クロス(ポリエステル80%・ナイロン20%)を濡らして絞ったもの

を使い、バンドをよく拭きました。

ミラネーゼループバンドの汚れ具合
写真では分かりづらいですが、真っ白なクロスが黒くなるくらい、かなり汚れていました。

シーシェルスポーツループ(ナイロン製)をキレイにする

シーシェルスポーツループバンド
シーシェルスポーツループはナイロン製、Apple公式では水洗いは禁止されています。

しかし、かなり汚れてしまったので、シーシェルスポーツループは自己責任で洗濯機で洗ってしまいました。

結果としては、キレイになったうえ、布地の劣化も感じられず、マジックテープなどの使用感も洗う前とまったく変わりません。

汚れたまま使い続ける方が、布地が劣化しやすい気もするので、私は今後も洗濯機で洗ってしまいたいと思います。

シーシェルスポーツループにワイドハイターガンコなシミ用を使用
1. バンドの特に汚れている部分に、市販のシミ用洗剤を塗布する
※試す場合は、自己責任でお願いします

 

2. 洗濯ネットに入れて、洗濯機の通常モード・洗剤で洗う
※手洗いモード・おしゃれ着用洗剤の方がより安心

 

シーシェルスポーツループを乾かす
3. 洗い終わったら、タオルに載せて、挟み込むようにして水分を吸い取る(こすらない)
直射日光を避けて、完全に乾くまで乾かす

 

AppleWatchをキレイにするためのまとめ

Apple公式では、本体・バンド共に、基本的に水洗いはあまり推奨していません。

個人的には、アップルウォッチ本体は水泳でも使えるので、防水ロック機能を活用して、水洗いならしてもいいのではと感じています。

バンドは、本革はともかく、ナイロン製やステンレス製なら、洗ってしまってもいいのではないかな~と思っていますが、皆さんはどうでしょうか。

ただし、公式が洗うことを推奨していないため、このブログに書かれた内容は、自己責任で参考にしてくだされば幸いです。

毎日身につけるAppleWatch、できるだけキレイな状態で気持ちよく使っていきたいですね!

 

↓以下、AppleWatch4をキレイにするポイントとはまったく関係ないのですが、ミラネーゼループバンドの使用を考えている方への注意です↓

ミラネーゼループバンド(ステンレス製)の注意ポイント

ミラネーゼループバンドは服の袖口が傷みやすい
Apple公式で購入したミラネーゼループバンドですが、写真にあるように、ニットの袖口を巻き込んでしまい、袖が傷みやすくなります。

Amazonなどで売っている安いステンレス製バンドについて、「安物なので服の袖口が傷む」という書き込みがありますが、純正品でも基本的な仕組みは同じです。

大事にしている長そでの洋服を着るときには、純正品バンドを使っていても、特に注意してくださいね。

ABOUT ME
らひ子
らひ子
40代子育て主婦/幅広い趣味を生かし、実体験を元にした生活に役立つ情報をまとめています

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です