紅茶の種類

【紅茶の種類】ダージリン|味・香り・おすすめスイーツまとめ

【紅茶の基本】ダージリン|味・香り・おすすめスイーツまとめ

紅茶の基本、茶葉を知りましょう。

今回は「ダージリン」について説明します。

紅茶といえばダージリン、というくらい有名な茶葉ですが、実は紅茶の中でも風変わりな特徴がたくさんあります。

ダージリンの産地、味や香り、一緒に食べるのにおすすめのスイーツをまとめました。

 

ダージリンの基本

ダージリンがほかの紅茶と大きく違うのは、茶葉が収穫できる時期に応じて、3種類に分かれる点です。

それぞれに味や香り、合うスイーツが変わってきますよ。

世界三大紅茶(ダージリン・キームン・ウバ)のひとつです。

 

ダージリンの産地

インドの標高2,000メートルの涼しい土地で作られています。

夏以外は1日の寒暖差が10度前後あり、霧が発生しやすい気候です。

 

収穫シーズンは 3月中旬~11月下旬で、同じダージリンでも、以下のように3つに分けられます。

・一番茶(春茶)……ファースト・フラッシュ
・二番茶(夏茶)……セカンド・フラッシュ
・秋摘み茶……オータムナル

 

ダージリンは3種類ある|味と香り

ダージリンの茶葉が収穫される時期は、年に3回あります。

 

ファースト・フラッシュ

クオリティシーズン:3~4月

緑茶のようなみずみずしい味と香りが楽しめます。

渋みは少なく、さっぱりとした口当たり。

水色は淡く、薄いオレンジ色になります。

ストレートで繊細な味と香りを楽しむのがおすすめ。

 

セカンド・フラッシュ

クオリティシーズン:5~6月

マスカットの香り(マスカテルフレーバー)が、大きな特徴。

ファーストフラッシュと比べると、渋みがしっかりと感じられます。

コクもあるので、紅茶自体を主役にして楽しむのに向いています。

水色は、美しい濃いオレンジ色。

ストレートで味わうのがおすすめ。

 

オータムナル

クオリティシーズン:10~11月

名前の通り、秋に摘まれた茶葉になります。

渋みがハッキリとあったセカンドフラッシュを過ぎ、オータムナルで渋みはまろやかに。

甘みとコクも出てきます。

水色は、濃いオレンジ色。

コクがあるので、ストレートだけでなく、ミルクティーにするのもおすすめ。

 

ダージリンに合うスイーツは

収穫時期別に、3種類に分けて紹介します。

 

ファーストフラッシュ

あんこを使った和菓子がおすすめ。

ファーストフラッシュは緑茶に似ているので、最中・おはぎ・お饅頭・大福などが合いますよ。

 

もちろん定番のクッキーでも、美味しくいただけます。

 

セカンドフラッシュ

紅茶だけで飲んで、香りや味を楽しむのがおすすめ。

マスカットの香りを楽しみながら、新鮮な果物(マスカットも含む)を一緒にいただくのもいいですね。

 

チーズ系やバジルが入った、甘くない食事系のスコーンも合います。

 

オータムナル

紅茶自体に甘みとコクが出ているので、アップルパイ・フルーツタルトなど、果物を使ったしっかりとしたスイーツがおすすめ。

 

ダージリンの基本まとめ

ダージリンは、収穫時期が3つに分かれている紅茶です。

スーパーなど市販で売られているティーバッグで、収穫時期が明記されていないものは、ブレンド(主にセカンド・フラッシュとオータムナルが混ぜられている)が多いです。

ファーストフラッシュは、紅茶専門店 または 紅茶を多く扱っている店舗でしか買えないことも多く、価格も少し高めになります。

3つとも別の紅茶かと思うほど、味や香りが違ってくるので、ぜひ一度は飲み比べをしてみてくださいね!

ABOUT ME
ひらり
40代の子育て主婦/幅広い趣味や経験を生かした実体験を元に、自分にしか書けない記事や、生活に役立つ情報をまとめています/ほっこりできる情報を発信中!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。