日用品のおすすめ

ロクシタンのハンドクリームが人気の理由は?おすすめやセットの紹介

ロクシタンのハンドクリームが人気の理由は?おすすめやセットの紹介

こんにちは、らひ子(@rhkcha)です。

寒い季節は手荒れが気になり、主婦にはハンドクリームが必要な時期になりますね。

私はロクシタンのハンドクリームを、2011年の冬シーズンからずっと愛用しています。

ロクシタンのハンドクリームに出会うまでは、長年ハンドクリームジプシーをしていました。

ドラッグストアで「おすすめ!」とポップが出ているものはほとんど使ったし、ネットの口コミで話題になるものも片っ端から試してみました。

でも、自分の希望をすべてかなえてくれるハンドクリームとは出会えず、あきらめかけたころに新聞広告で知ったのが、ロクシタンのハンドクリーム。

今では1年中使い続けるほどお世話になっているロクシタンのハンドクリームについて、人気の理由や実際の使用感・おすすめポイントなどをご紹介します。

また、ロクシタンより価格が安くて、手軽に使えるおすすめハンドクリームもまとめました。

ロクシタンのハンドクリームが人気の理由は?

・ぬってすぐでもべたつかない

・無香料、あるいはすぐに香りが消える

・チューブタイプで気軽に使える(持ち運びが楽)

・手荒れ防止効果がきちんと現れること

どれもハンドクリームとしては当たり前の機能ですが、市販のハンドクリームでは、これらすべての条件を満たすものはなかなか見つかりません。

ロクシタンは「ナチュラルコスメティックブランド」として、厳選された植物素材を使用したスキンケアやボディケア製品などを販売しているショップです。

路面店や地下街・デパートなどに、テナントで入っているのを見かけることも多いですね。


※トップページのキーワード検索で「ハンドクリーム」と入れると便利です

 

ロクシタンのシアハンドクリーム
シア ハンドクリーム

私が愛用しているのは、シアハンドクリームです。

写真左は150mL(大)を店頭で購入したもの、写真右は使い終わった30mL(普通)サイズのシアハンドクリームとの、大きさ比較です。

150ミリリットルは持ち歩くには不便な大きさと重さですが、30ミリリットル5本分の容量なのに価格は30ミリリットル約2.7本分とかなりお得なので、私は自宅で150ミリリットルを使っています。

持ち歩くなら30ミリリットルか、期間限定ハンドクリームセットなどに入っている10ミリリットル(小)の小さいサイズがおすすめです。

 

塗ってすぐでもべたつかず、香りは弱くすぐに消え、チューブタイプで持ち運び便利、そしてなにより手荒れ防止効果がバッチリ。

水あるいはお湯を使った後、タオルでしっかりと手の水分を拭き取り(濡れたままだと肌が必要以上に乾燥するため)、シアハンドクリームをこまめに塗り直すことで手荒れとは無縁になりますよ。

 

シアハンドクリームの成分表
シアハンドクリームの成分表です、参考までにどうぞ。

ロクシタンのハンドクリームを実際に使っている私のおすすめポイント

ロクシタンハンドクリームのおすすめポイント

シアハンドクリームは、チューブから出した直後は、少し硬めのクリームです。

手の甲に適量クリームを出し、両方の手の甲でクリームを温めるようにすると、すぐに伸びのいい柔らかいクリームになります。

手の甲から指先までしっかりとクリームを塗り込むことで、シアバターの保湿成分が作用して、手だけでなく、爪先の荒れも防いでくれます。

保湿効果があるのに、ぬって少し経つとべたつきがなくなるため、こまめな塗り直しが苦になりません。

 

シアハンドクリーム以外の香りがついたハンドクリームは、比較的ゆるめのクリームタイプ。

最初は少なめに手に出してから伸ばし、自分の適量を決めてみてくださいね。

ロクシタンハンドクリームの残念ポイント

価格が高いことです。

ドラッグストアなどで販売されているハンドクリームに比べると、ロクシタンの製品は高いです。

でも、使い勝手と肌への効果を考えると、絶対に損はしない値段と言い切れます。

ベタついたり、香りがきつく手荒れ防止効果の薄いハンドクリームを使って、毎日地味にストレスをためるよりは、少々高くても使い勝手のいいロクシタンのハンドクリームを胸を張っておすすめします!

150ミリリットルサイズなら、毎日毎晩こまめにハンドクリームを使っても、余裕で冬のシーズン中は持ってしまいます。

私の場合、春~初夏のころまで使えてしまうくらいの量なので、一見すると高い価格ですが、コストパフォーマンスはかなりいいですよ。

 

もう一つ、残念ポイントではなく注意点になりますが、シアハンドクリーム以外の「香りのついたタイプのハンドクリーム」は、かなり香りが強いです。

特に、人前で使うときは注意してください。

使ったあと、しばらくすると香りは消えるのですが、外出先で使用する場合、匂いに敏感な人もいるため、使う場所は配慮しましょう。

レストランなど食事をするところや、電車の中など人の多いスポットでの使用は、おすすめしません。

 

個人的にお気に入りなのは、ロクシタンのラベンダーの香りがするハンドクリームを、寝る前にぬって使用すること。

ラベンダーの香りが、就寝前の気持ちをリラックスさせてくれます。

また、使用感が軽くさっぱりとしていて、香りもさわやかなヴァーベナハンドクリームは、春先~夏にかけて使用すると、清涼感があって使いやすいです。

ロクシタンのハンドクリームを試すならセットがお手軽

私は基本のシアハンドクリームをメインに、ミニサイズ(10mL)の、ラベンダー・チェリーブロッサム・ローズ・ヴァーベナなどを使ってきました。

シアハンドクリーム以外は香りが強めなので、寝る前にたっぷり手にぬって香りを楽しむのがおすすめです。

香りつきハンドクリームが気になるなら、店頭で一度香りを確認してみることをおすすめします。

 

ロクシタン公式ネットショップで販売されている10mLサイズのハンドクリーム数本セット(数量限定)で、小さいサイズをお試ししてみるのがいいですね。

10ミリリットルサイズのハンドクリームは、かなり小さいので、使い切るのはそれほど大変ではありません。


※トップページのキーワード検索で「ハンドクリーム」と入れると便利です

ロクシタン以外のおすすめハンドクリーム

私が個人的におすすめする、ロクシタン以外のハンドクリームを紹介します。

FANCL(ファンケル)ハンドクリーム
美白&エイジングケア<医薬部外品>

夜の就寝前にはロクシタン、朝~昼間の家事や仕事をする前はファンケル、というのが私の定番です。

ファンケルのハンドクリームも肌がベタつかず、適度にしっとり感があり、仕事や家事などがしやすいのがポイント。

ファンケルオンライン
※トップページのキーワード検索で「ハンドクリーム」と入れると便利です

アトリックスのハンドミルクは、

濡れた手にワンプッシュ → もう一度水で流す → タオルでふく

このひと手間で手が潤うという、画期的なハンドクリームで、私もキッチンで使っています。

もちろん、しっかりとした保湿を求めるなら、ロクシタンやファンケルのハンドクリームをつけるのがおすすめ。

でも、昼間のちょっとした家事で水仕事が続くなら、手軽なアトリックスが便利ですよ。

まとめ

決して安いとはいえないロクシタンのハンドクリームに根強い人気がある理由は、価格以上の価値があるとみんなが認めているからでしょう。

ロクシタンなんてオシャレな雰囲気のお店とは一生無縁だろうな、と思っていた私でしたが、今ではシアハンドクリームの魅力と効果に、すっかりハマりました笑

また、ロクシタンショップにいる販売員さんはとても親切なので、自分のものはもちろん、友人へのプレゼント選びでも親切にアドバイスがもらえるのが嬉しいんですよね。

店頭の商品は多くのものがお試しできるので、気になる商品があったらショップでの買い物もおすすめします。

ロクシタンではいつもさまざまなキャンペーンを行っているので、ロクシタン公式サイトもチェックしてみてくださいね!

ABOUT ME
らひ子
らひ子
40代子育て主婦/幅広い趣味を生かし、実体験を元にした生活に役立つ情報をまとめています