健康になる

菌とウイルスの違いをわかりやすく説明します。除去スプレーの正しい使い方も

菌とウイルスの違いをわかりやすく説明します。除去スプレーの正しい使い方

菌(細菌)が原因でかかる病気と、ウイルスが原因でかかる病気には違いがあります。

私たちが子供のころから、何度もかかってきた風邪はウイルスのしわざ。

生ものを食べたときに、腹痛を起こすのは細菌のしわざです。

菌とウイルスの違いについてわかりやすく説明し、アルコールや次亜塩素酸水などの除去スプレーの効き目や正しい使い方についてまとめました。

 

菌とウイルスの違いをわかりやすく教えます

菌とウイルスの違いを、誰にでも分かるよう簡単に説明します。

 

「菌(細菌)」とは

菌(細菌)

 ・生き物(生きている)

 ・栄養を取り込みながら、菌自身で自分をどんどん増やしていくことができる(細胞分裂)

 ・大きさは 0.5~10マイクロメートル(0.0005~0.01ミリメートル)

 

人が病気になる主な細菌

 ・結核菌(結核)
 ・肺炎マイコプラズマ(マイコプラズマ肺炎)
 ・溶血連鎖球菌(溶連菌感染症)
 ・腸管出血性大腸菌0157(食中毒)

など

人の体によいとされる細菌として、「乳酸菌」「ビフィズス菌」などもあります。

 

「ウイルス」とは

ウイルス

 ・生き物ではない※

 ・ウイルスだけでは、自分で増えていくことができない

 ・人や動物などの細胞を利用して、自分を増やしていく

 ・多くのウイルスは変異し、性質が変わっていく

 ・大きさは 数十~数百ナノメートル(10ナノメートル=0.01マイクロメートル)

※ウイルスには分からないことが多く、生き物かそうでないかは、まだハッキリと分類されていません

 

人が病気になる主なウイルス

 ・一般的な風邪のウイルス
 ・インフルエンザウイルス
 ・麻疹ウイルス(はしか)
 ・水痘帯状疱疹ウイルス(みずぼうそう)
 ・ヒト免疫不全ウイルス(エイズ)
 ・コロナウイルス
 ・ヘルペスウイルス

など

風邪やインフルエンザウイルス、コロナウイルスには「型」がたくさんあります。

風邪のウイルスは200種類以上あるといわれ、それが変化を繰り返すため、一度風邪をひいても何度もひいてしまう原因となっています。

インフルエンザも同様にA型・B型とありますが、毎年変異するので、何度もかかる人がいます。

コロナウイルスも以前から存在していましたが、2020年に流行したのは新型コロナウイルス感染症(COVID-19)と呼ばれ、変異したものになっています。

 

菌とウイルスに薬は効くのか、効かないのか

菌とウイルスに薬は効くのか、効かないのか

・細菌 → 抗生剤(=抗生物質・抗菌薬)が効く

・ウイルス → 抗ウイルス剤が効く

細菌には抗生剤、ウイルスには抗ウイルス剤を使うことが大切です。

ただし、抗ウイルス薬はまだあまり開発されていません。

「風邪(ウイルスが原因)をひいたとき、市販の風邪薬を飲むけど、あれは抗ウイルス薬じゃないの?」

と疑問に思うかもしれません。

風邪のウイルスは200種類以上あって、それらに合う抗ウイルス薬をそれぞれ開発するのは難しいです。

だから、どの風邪薬も症状(鼻水・くしゃみ・熱など)を抑える効果しかありません(=根本的に風邪ウイルスを消すことはできない)

現在、使用されている抗ウイルス剤のひとつとして、ヒト免疫不全ウイルス(=エイズの原因となるウイルス)が増えるのを抑える「抗HIV薬」などがあります。

新型コロナウイルス感染症に対する抗ウイルス薬は、まだ開発されていません。

そのため新型コロナウイルス感染症にかかっても、今は肺炎や熱などの症状を抑える治療や、既存の薬で効きそうなものを投与することしかできません。

 

ウイルスや菌を除去するスプレーは効果ある?

ウイルスや菌を除去するスプレー

私たちが市販で手に入れることのできる除去スプレーなどは、すべての菌やウイルスに効くというわけではありません。

しかし、私たちが日常生活を送るときに、接する機会が多いウイルスや細菌に効果がある製品はあります。

・アルコール消毒液
 コロナウイルス、インフルエンザウイルスなどにおすすめ
 (ノロウイルスには効き目が弱い)

・次亜塩素酸水
 ノロウイルス、コロナウイルス、インフルエンザウイルスなどにおすすめ

TOAMIT ハンドジェル(アルコール配合)500ml
TOAMIT

↑わが家で実際に使っている次亜塩素酸水は、楽天市場で購入しています

次亜塩素酸水については、以下の記事で詳しく説明しています。

「ノロウイルス」となっていますが、インフルエンザやコロナウイルスにも対策できる消毒液の紹介です。

次亜塩素酸水が手に入らない場合、スーパーなどで売っている市販のキッチンハイター(次亜塩素酸ナトリウム)で作る方法もまとめてあります。

ノロウイルス消毒薬の市販品を紹介。キッチンハイターからの作り方や効果は
ノロウイルス消毒薬の市販品を紹介。キッチンハイターからの作り方や効果はノロウイルス消毒薬の市販品を紹介します。また、市販品が手に入らないときに「キッチンハイター」などを使って家庭でできる消毒薬の作り方もまとめました。強力な感染力を持つウイルスに対し、しっかりと効果を発揮してくれます。基本の手洗い方法も要チェック。...

でもやっぱり一番大切なのは、うがい・手洗いをしっかりすること。

外出から帰宅したとき、ドアノブに触れたあと、トイレのあと、調理や食事の前など、とにかくこまめに手洗いをするように心がけましょう。

 

菌とウイルスの違いまとめ

・菌は生きているので、菌だけで増殖できる

・ウイルスは、人や動物などがいないと増殖できない

・菌には抗菌剤(抗生物質)、ウイルスには抗ウイルス剤が効く

菌とウイルスの違いについて説明しました。

「人に対して病気を引き起こす」という視点だけでとらえると、菌もウイルスも同じモノというイメージを持ってしまいますが、実はまったく違うものなんですね。

これからもさまざまな病気が流行るかもれません。

だからこそ、菌やウイルスのことを正しく知り、毎日の生活から不安を取り除いてきましょう。

ABOUT ME
ひらり
ひらり
40代の子育て主婦/幅広い趣味や経験を生かした実体験を元に、自分にしか書けない記事や、生活に役立つ情報をまとめています/ほっこりできる情報を発信中!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です