小学生・中学生・高校生

アメトークの勉強大好き芸人が教えてくれた勉強の仕方。学生はもちろん大人も参考にすべし!

アメトークの勉強大好き芸人が教えてくれた勉強の仕方。学生はもちろん大人も参考にすべし!

アメトーークでは、勉強大好き芸人をスタジオに呼び、学生の勉強の仕方を教えてくれる特集があります。

芸人さんの中には、京都大学や慶応大学などの有名大学を卒業した人がいて、自分たちが実践してきた勉強法を、楽しく紹介してくれるんですね。

学生さんはもちろん、大人でも自分が勉強するときの参考にしたり、親なら子供に教えてあげるために覚えておくのがおすすめ。

アメトークで、勉強大好き芸人が紹介した勉強の仕方を、分かりやすくまとめました。

 

アメトークの勉強大好き芸人直伝!勉強の仕方10のポイント

アメトークの勉強大好き芸人直伝!勉強の仕方

勉強が好き、勉強ができる芸人さんが紹介してくれた勉強の仕方を、10の項目にまとめました。

主に、オリエンタルラジオの中田敦彦さん、ロザンの宇治原史規さんの発言になります。

 

1. 勉強に疲れたときのリフレッシュ方法

今、勉強している教科ではなく、別の教科を勉強する

勉強に疲れてリフレッシュや気分転換するとなれば、ゲームをしたり雑誌を読んだりしがち。

そうではなく、「違う教科に切り替えて勉強する」のがポイント。

ゲームやLINEで友人と連絡を取り始めたりすると、やめどきが難しくなり、勉強から離脱してしまう可能性が大きくなります。

教科を切り替えることで、勉強から離れずに、永遠にリフレッシュし続けられます。

 

2. 勉強する時間帯を変える

朝 3:00 ~ 6:00 に勉強する

早朝は、邪魔をするものが一切なく、勉強に集中しやすいため。

友人からのLINEもなく、親からの小言もなく、見たいテレビ番組もなく、周りがとても静か。

寝起きは頭がさえているので、学習内容も身につきやすいです。

 

3. 体を動かしながら暗記をする

体の動きに合わせて暗記をすることで、忘れにくくなる

「体の動作」と「言葉」は結びつきやすいです。

だから暗記は、体を動かしながら行うのがおすすめ。

室内を歩きながらでもいいし、その場で軽いスクワットをしながらでもOK。

 

4. 歴史は全体的な流れを最初に把握する

日本史や世界史は、時代ごとに全体的な流れを最初に把握する

最初から細かい部分を覚えるより、時代ごとに全体的な流れを把握してから、細かい部分を覚えていくのが大切。

全体像をつかんでからだと、細かい部分にとらわれすぎずに理解が進みます。

 

5. 授業中のノートはキレイにとらなくていい

黒板に書いてあることは、丸写ししなくていい

黒板に書かれたことは、あくまでも授業の補助として考えること。

本当に重要なのは、「先生がしゃべっていること」

 先生がしゃべること=試験の答え

黒板に書かれたことは最低限ノートにうつし、あとは先生がしゃべることに集中し、理解することが大切。

先生が言った大事な部分をノートに書きこむときは、文字をナナメにするなど、あとで見直したときにすぐ分かるようにしておきます。

また、色ペンは使いません。

色ペンを使うと、黒板をうつすことに集中してしまい、先生の声が聞こえなくなったり、カラフルな見た目のノートというだけで満足して、やった気分になりがちです。

 

6. 覚えたいことが答えになる問題を作る

自分が覚えたいことが答えになる問題を作る

たとえば、「織田信長」のことを覚えたかったら、答えが織田信長になる問題を自分で作ること。

問題を自分で作ることで、答えになるものへの理解がより深まります。

 

7. 問題集の使い方

問題集は薄いものを選ぶ

分厚い問題集は、やってもやってもなかなか終わらず、達成感が得られません。

そのため、問題集は薄いものをどんどんこなしていくのが、達成感を得られるポイント。

 ・文系(国語や社会などの暗記系)は、薄い問題集を何冊もこなすのがよい

 ・理系(数学や理科など)は、1冊の問題集を何周もするのがよい

薄い問題集を何冊もこなす場合は、終わった問題集をどんどん捨てていくと、気分もスッキリしますよ。

 

8. 電子辞書ではなく紙の辞書を使う

電子辞書より紙の辞書で復習する

電子辞書は、自分がどんなところでつまづいたかが分かりづらいのが欠点。

そのため紙の辞書を、以下のように活用します↓

 1. 分からなくて引いた単語にしるしをつけておく

 2. 同じ単語に5回しるしがついたら、それは自分が苦手な単語である

 3. 「苦手な単語=何度も出てくる=重要」と認識する

 4. 苦手な単語をノートに書き写して復習する

 

9. 小さいカンニングペーパーを作る

小さい紙に、テスト用の重要事項だけを書いておく

注:実際のカンニングに使うわけではありません笑

小さい紙にはたくさん書き込むことができないですよね。

だからこそ、自分が本当に苦手な部分や、特に重要なポイントだけを選んで書き込みます。

自分だけの重要ポイントが詰まったカンニングペーパーを、テスト直前に確認することで、要点だけを短時間で復習できます。

 

10. 人に勉強を教える

分からない人に勉強を教えてみる

人に勉強を教えるのは、自分が本当に理解していないとできないことです。

だからこそ、人に勉強を教えるのは、自分の理解を深めることにもなります。

 

勉強の仕方がわからない大人や、子供がいる親も覚えておきたい

勉強の仕方がわからない大人や、子供がいる親も覚えておきたい

基本的には、受験前の学生さん向けの内容ですが、大人の勉強にも参考になることがたくさんあります。

 ・朝方の勉強に変える
 ・体を動かしながら暗記する
 ・ノートはキレイにとらなくていい
 ・小さいカンニングペーパーを作る

このあたりは、社会人が資格試験などの勉強をするときにも役立ちます。

また、小学校高学年以上の子供がいる親も覚えておくと、子供が勉強の仕方が分からず困っているときに、助言することができますよ。

 

アメトークで勉強の仕方を知ったみなさんの感想

 

アメトーク勉強大好き芸人のまとめ

お笑い芸人さんが高学歴というのは、今では珍しくなくなりました。

でもこうして、自分たちが実際にしてきた勉強法を、面白く楽しくテレビで紹介できるのは、さすが芸人さんだな~と思います。

長男も一緒に見ていましたが、宇治原さんが紹介していたノートのとり方については、すごく納得していました。

と同時に、「ノートをキレイに取らないと内申点に響く」という自分が在籍していた中学校のやり方に、疑問を持っていた模様。

公立の中高だと、先生や学校自体の当たり外れが大きすぎて、運任せなところが残念ですね……苦笑

今回紹介した芸人さんが教えてくれた勉強法は、社会人や大人になっても通用するものです。

私もいくつか実践して、仕事や勉強に生かしていきますね。

ABOUT ME
ひらり
ひらり
40代の子育て主婦/幅広い趣味や経験を生かした実体験を元に、自分にしか書けない記事や、生活に役立つ情報をまとめています/ほっこりできる情報を発信中!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です